お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-01-19 16:10
センサネットワークにおける迅速かつ確実な緊急情報の伝達制御
河井哲也若宮直紀村田正幸阪大
抄録 (和) 安全,安心な社会を支えるセンサネットワーク基盤の確立のためには,火災な
どの防犯,防災に関わる緊急を要する情報を迅速かつ確実に伝達するための制
御技術が必要不可欠である.本報告では,無線通信の衝突による遅延や情報の
欠落,スリープ制御による転送遅延に対処するため,緊急情報の経路近傍のノー
ドにおける通常情報の送信を抑制する緊急情報の優先伝送制御と中継ノードの
スリープの抑制により迅速性,信頼性を高める手法を提案している.シミュレー
ションにより提案手法の有効性を検証し,緊急情報伝達における遅延や到達率
の向上を確認した. 
(英) A wireless sensor network is expected to be one of social
infrastructures to create a safe and secure living environment. For
this purpose, a mechanism to transmit urgent information promptly and
reliably is required. In this paper, we propose an ``assured
corridor'' mechanism to achieve a fast and reliable transmission for
urgent information. In this mechanism, emergency packets are forwarded
along the corridor preferentially by suppressing emission of
non-urgent information to avoid collisions and keeping nodes in the
corridor awake to forward emergency packets immediately. Simulation
experiments showed that the reliability and the latency of the urgent
information transmission were improved by our mechanism.
キーワード (和) センサネットワーク / 緊急情報 / 迅速性 / 信頼性 / / / /  
(英) sensor networks / urgent information / fastness / reliability / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SN  
開催期間 2006-01-19 - 2006-01-20 
開催地(和) 東京電機大神田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Denki University Kanda Campus 
テーマ(和) 第3回センサネットワーク研究会 
テーマ(英) 3rd Sensor Network Conference 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SN 
会議コード 2006-01-SN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) センサネットワークにおける迅速かつ確実な緊急情報の伝達制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Fast and Reliable Transmission Mechanism of Urgent Information in Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) センサネットワーク / sensor networks  
キーワード(2)(和/英) 緊急情報 / urgent information  
キーワード(3)(和/英) 迅速性 / fastness  
キーワード(4)(和/英) 信頼性 / reliability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河井 哲也 / Tetsuya Kawai / カワイ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若宮 直紀 / Naoki Wakamiya / ワカミヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-01-19 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SN 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会