電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-12-19 13:30
Javaプログラム自動可視化ツールAvisにおけるクラス構造可視化のための拡張
喜多義弘川添貴議片山徹郎宮崎大
抄録 (和) ソフトウェアの需要の急速な増加に伴い,プログラマの需要も増加している.
熟練したプログラマの数を増加させるために初心者プログラマを教育することは重要である.
本研究では,以前に初心者プログラマのプログラミング教育支援を目的として,
初心者プログラマのためのJavaプログラム自動可視化ツールAvisを
試作した.しかし,現段階のAvisはクラス構造を適用できないため,Javaプログラムの適用範囲が狭い.
AvisはParser, FC-GeneratorおよびP-Generatorの3つの部分から構成し,
このうち,ParserおよびFC-Generatorについては,既にクラス構造を適用できるように改良を行っている.
そこで本論文では,AvisがJavaのクラス構造を適用できるように,P-Generatorの拡張を行う.
この改良により多くのJavaプログラムをAvisに適用でき,初心者プログラマは既存のJavaプログラムをより理解しやすくなると考えられる. 
(英) As the demand for software is increasing more rapidly, the demand for the number of programmers is escalating.
It is important to educate novice programmers in order to increase the number of skillful programmers.
In this research, the automatic visualization tool ``Avis'' has been developed for Java to educate the novice programmers.
But, most Java programs are not applied to Avis because Avis can not accept the structure of classes.
Avis consists of three parts: ``Parser,'' ``FC-Generator,'' and ``P-Generator.''
Parser and FC-Generator have been enhanced to apply the structure of classes.
In this paper, P-Generator is extended so that it can be applied the structure of classes for Java to.
Consequently, by using Avis, the novice programmers can understand the behavior of Java programs easily.
キーワード (和) 可視化ツール / 教育 / プログラミング / ソフトウェアテスト / Java / JavaCC / /  
(英) visualization tool / education / programming / software testing / Java / JavaCC / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 490, SS2005-56, pp. 7-12, 2005年12月.
資料番号 SS2005-56 
発行日 2005-12-12 (SS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SS  
開催期間 2005-12-19 - 2005-12-20 
開催地(和) 高知女子大 
開催地(英) Kochi Women's University 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2005-12-SS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Javaプログラム自動可視化ツールAvisにおけるクラス構造可視化のための拡張 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extension of Automatic Visualization Tool "Avis" for Structure of Classes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視化ツール / visualization tool  
キーワード(2)(和/英) 教育 / education  
キーワード(3)(和/英) プログラミング / programming  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェアテスト / software testing  
キーワード(5)(和/英) Java / Java  
キーワード(6)(和/英) JavaCC / JavaCC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 喜多 義弘 / Yoshihiro Kita / キタ ヨシヒロ
第1著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川添 貴議 / Takanori Kawasoe / カワソエ タカノリ
第2著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 片山 徹郎 / Tetsuro Katayama / カタヤマ テツロウ
第3著者 所属(和/英) 宮崎大学 (略称: 宮崎大)
University of Miyazaki (略称: Univ. of Miyazaki)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-12-19 13:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2005-56 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.490 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2005-12-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会