お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-12-13 09:30
負荷分散型マルチプラットフォーム対応発話訓練システムの実装
梅田耕佑村井慶史鱒渕俊児上野歩美山川仁子苣木禎史宇佐川 毅熊本大
抄録 (和) 日本語を第二言語とする学習者を対象にした,自動音声認識と発話画像の取り込み
機能を有する,日本語発話訓練システムの開発を進めている。
本システムは,サーバ・クライアント方式で構成されており,従来顏画像の分
離抽出等を行う画像処理部はサーバ側に配置し, C 言語で実装されていたが,
クライアント数が増加すると,通信帯域とサーバへの負荷が増大し,応答時間が長
くなる等の問題が生じる。
この問題を解決するために,クライアント側に画像処理部を移行した。
また,マルチプラットフォーム対応のため,Java により実装を行った。
従来の処理系と新たに実装した処理系で,クライアント数を変動させて応答時間
等の性能を比較し,その有効性が確認された。
また、本システムは発話音声と発話画像のフィードバック機能を有しており,画
像と音声の同期ずれについて検討した結果,知覚限界内に十分に収まることが
確認された。
さらに, フィードバックされる発話画像について, 発話訓練システムでの有用性に
ついて主観評価し, 有用性についても若干の検討を加えたので報告する。 
(英) An utterance training system of Japanese which equips an automatic
speech recognition and face image caption is developing in order to
assist Japanese learners as the second language.
Although this system was originally designed as server-client system and
the image processing part which extract a face image was implemented on
server-side by the C language, the response performance became a
problem when the number of clients were increased due the network band
width as well as performance of server-side system.
In order to overcome this problem, an image processing part is
implemented on client-side by Java language aiming at multi-platform
system.
A performance of a new implementation is examined while the number of
clients is varied, and the results shows the effectiveness of a new
system.
Also the synchronization of image and speech is examined and the average
time difference is sufficiently smaller than the perceptual threshold.
Results of simple subjective evaluation supports the effectiveness as
the image feedback part of the utterance training system.
キーワード (和) 発話訓練システム / 顔画像処理 / マルチプラットフォーム / Java / 負荷分散 / / /  
(英) utterance training system / facial image processing / multi platform / Java / load balancing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 463, IE2005-116, pp. 1-6, 2005年12月.
資料番号 IE2005-116 
発行日 2005-12-06 (CS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IE CS  
開催期間 2005-12-12 - 2005-12-13 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. (Video Conf.) 
テーマ(和) 画像符号化・通信・ストリーム技術、および一般 
テーマ(英) Image coding, Communications, Stream technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2005-12-IE-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 負荷分散型マルチプラットフォーム対応発話訓練システムの実装 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Implementation of load-balancing type multi platform utterance training system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 発話訓練システム / utterance training system  
キーワード(2)(和/英) 顔画像処理 / facial image processing  
キーワード(3)(和/英) マルチプラットフォーム / multi platform  
キーワード(4)(和/英) Java / Java  
キーワード(5)(和/英) 負荷分散 / load balancing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅田 耕佑 / Kousuke Umeda / ウメダ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 慶史 / Keishi Murai / ムライ ケイシ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鱒渕 俊児 / Shunji Masubuchi / マスブチ シュンジ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上野 歩美 / Ayumi Ueno / ウエノ アユミ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山川 仁子 / Kimiko Yamakawa / ヤマカワ キミコ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第6著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐川 毅 / Tsuyoshi Usagawa / ウサガワ ツヨシ
第7著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-12-13 09:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-CS2005-61,IEICE-IE2005-116 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.461(CS), no.463(IE) 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2005-12-06,IEICE-IE-2005-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会