お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-12-13 10:00
微視的道路交通シミュレーションにおける外挿法を用いた自動学習追従ファジィモデル自動車の提案
堀越崇史板倉直明本多中二電通大
抄録 (和) 微視的道路交通シミュレータ(MITRAM)の開発において、我々はニューラルネットワークと2項ファジィ論理を用いたファジィモデル自動車(以下FMV)を提案した.このFMVは、実走行データを基に学習しているため、無限に実走行データを用意できれば色々な状況でシミュレーションできるが、用意できる実走行データは有限である.そのため、シミュレーションを行う際に、先行車の挙動が学習に用いた先行車の範囲外の挙動をした場合に、場合によっては追従運転が再現されないという問題がある.本研究ではこの問題を改善するために、外挿可能な自動学習追従運転モデルを提案し、提案法と従来法とで比較を行う. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) モデリング / シミュレーション / ファジィ / ニューラルネットワーク / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 464, ITS2005-39, pp. 1-6, 2005年12月.
資料番号 ITS2005-39 
発行日 2005-12-06 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2005-12-13 - 2005-12-13 
開催地(和) 産総研臨海副都心センタ 
開催地(英) AIST Tokyo Waterfront 
テーマ(和) ITSコア技術・ショーケース,一般 
テーマ(英) Core Technologies and Show Case for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2005-12-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 微視的道路交通シミュレーションにおける外挿法を用いた自動学習追従ファジィモデル自動車の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of auto learning following fuzzy model vehicle with extrapolation for microscopic road traffic simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モデリング /  
キーワード(2)(和/英) シミュレーション /  
キーワード(3)(和/英) ファジィ /  
キーワード(4)(和/英) ニューラルネットワーク /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀越 崇史 / Takashi Horikoshi / ホリコシ タカシ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 板倉 直明 / Naoaki Itakura / イタクラ ナオアキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 中二 / Nakaji Honda / ホンダ ナカジ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-12-13 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2005-39 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2005-12-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会