電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-12-09 10:25
ICNIRP参考レベルの遠方界曝露で生ずる人体全身平均SARの双峰型吸収機構とピーク予測
小寺紗千子平田晃正王 建青藤原 修名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 自由空間の遠方界曝露で生ずる人体の電波吸収量は,同じ強さでも周波数と共に増大し,身長の約0.4波長に相当する周波数でピークに達した後は周波数と共に減少する.前者のピークは共振現象で生ずるものとされる.ICNIRP参考レベルに対する電波吸収量では,最小の参考レベルの周波数帯で全身共振によるピークが現れ,最大の参考レベルとなる2GHzで第2のピークが現れることが知られてはいるが,両者の電波吸収機構については不明の点が多い.本研究では,ICNIRP参考レベルに対する双方型吸収機構解明を目的として,英国放射線防護局(NRPB)製作になる欧州人の解剖学的人体全身数値モデルを用いて全身平均SARを計算した.解析には,UPML(Uniaxial Perfectly Matched Layer)吸収境界条件を組み込んだFDTD(Finite Difference Time Domain)アルゴリズムを用いた.その結果,全身平均SARは,共振周波数帯ではモデル形状よりも電気定数に依存するのに対して,GHz帯ではモデルの形状よりは表面積に大きく左右されること,いずれのピーク値も基本制限を超えないこと,リアルモデルと同寸法で均質媒質の直方体モデルは共振周波数帯では高め,GHz帯では低めの全身平均SAR値を示すこと,などがわかった.次に,NORMANモデルをDimbylowと同じ手法の等比率で縮減・作成した10歳と5歳の小児モデルに対して,職業環境下のICNIRP参考レベルに対する全身平均SARを計算した.その結果,共振周波数帯ではいずれも基準値の0.4W/kgを下回ったが,GHz帯では10歳児で8%,5歳児では23%程度超えることがわかった. 
(英) Electromagnetic absorption of the human body at the ICNIRP reference level shows the double-humped frequency characteristics: the first peak appears at several tens megahertz where whole-body resonance occurs and the second at 2GHz caused by the increased reference level. Absorption mechanism at these frequency bands is not well understood. Main purpose of this paper is to clarify the difference of absorption mechanism between resonance frequency and GHz bands in comparison of a whole-body average SAR for anatomically based model with those for a homogeneous anthoropomorphic model and cuboids. We employed a finite difference time domain (FDTD) algorithm incorporated with UPML(Uniaxial Perfectly Matched Layer) absorption boundary condition. As a result, we found that the electromagnetic absorption peak at resonance frequency bands greatly depends on the electric properties of tissue, while the peak absorption at GHz band is affected by the model surface area. It is also found that the calculated peak SAR for a 5-year-child model exceeds the safety limit specified in the guideline by 23%, and the cuboid model allows us to roughly predict the peak value of whole body average SAR.
キーワード (和) ICNIRP参考レベル / 人体全身モデル / 全身平均SAR / FDTD解析 / 双方型吸収機構 / / /  
(英) ICNIRP reference level / whole-body human model / whole-body average SAR / FDTD computation / double-humped absorption mechanism / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 454, EMCJ2005-116, pp. 11-16, 2005年12月.
資料番号 EMCJ2005-116 
発行日 2005-12-02 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2005-12-09 - 2005-12-09 
開催地(和) 岐阜大学 
開催地(英) Gifu University 
テーマ(和) 電力EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2005-12-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ICNIRP参考レベルの遠方界曝露で生ずる人体全身平均SARの双峰型吸収機構とピーク予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Double-humped Frequency Characteristics and Peak Value Estimation of Whole-body Average SAR Due to Far-field Exposure at ICNIRP Reference Level 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ICNIRP参考レベル / ICNIRP reference level  
キーワード(2)(和/英) 人体全身モデル / whole-body human model  
キーワード(3)(和/英) 全身平均SAR / whole-body average SAR  
キーワード(4)(和/英) FDTD解析 / FDTD computation  
キーワード(5)(和/英) 双方型吸収機構 / double-humped absorption mechanism  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小寺 紗千子 / Sachiko Kodera / コデラ サチコ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 晃正 / Akimasa Hirata / ヒラタ アキマサ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 建青 / Jianqing Wang / オウ ケンセイ
第3著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 修 / Osamu Fujiwara /
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-12-09 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2005-116 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2005-12-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会