お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-11-24 14:35
支障移転時の光ファイバハンドリング作業が偏波変動に及ぼす影響
戸毛邦弘・○山田裕介保苅和男冨田 茂NTT
抄録 (和) 現在,伝送速度40Gb/sの高速かつ長距離な光伝送システムが検討されている.このような高速システムにおいては,偏波モード分散(PMD)特性が主な制限要因となり,長距離を伝送するためにはPMD補償技術の適用が必要となる.PMD補償器は,偏波状態をモニタすることで偏波コントローラ等へフィードバック制御を行う構成が一般的であるため,制御速度を検討する上で,偏波状態の変動速度が重要なパラメータとなる.本検討では,通信中に行う保守作業である支障移転工事について,これを模擬した光ファイバハンドリング実験を行い,ハンドリング中の偏波状態の変動速度を検証した.本報告では,偏波変動速度の実験結果と併せて,主な変動要因について考察を行った結果について報告する. 
(英) Recently, high-speed and long-haul optical communication systems with a bit-rate of 40Gb/s are now being developed. Polarization mode dispersion (PMD) is regarded as imposing a limitation on such systems. To overcome this, it is necessary to apply PMD compensation techniques. Dynamic PMD compensators are commonly composed of the feedback controlled polarization devices by monitoring the state of polarization (SOP). One of the major problems with dynamic PMD compensators is to design their tracking speed, which relates to the SOP changes that occur in the field. In this paper, we perform optical fiber handling at a cable joint to clarify the SOP changes as one of major maintenance activities during optical communication services. We report the experimental results and discuss major cause of fast SOP changes.
キーワード (和) 光ファイバ / 偏波モード分散 / 偏波状態 / 支障移転 / / / /  
(英) Optical fiber / Polarization mode dispersion / State of polarization / Optical network reconfiguration / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 429, OFT2005-41, pp. 31-34, 2005年11月.
資料番号 OFT2005-41 
発行日 2005-11-17 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEE-CMN OFT OCS ITE-BCT  
開催期間 2005-11-24 - 2005-11-25 
開催地(和) 関西電力本店(大阪) 
開催地(英) The Kansai Electric Power Co.,INC. 
テーマ(和) アクセス系,光無線システム,光映像伝送,光通信,オペレーション/保守監視,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2005-11-IEE-CMN-OFT-OCS-ITE-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 支障移転時の光ファイバハンドリング作業が偏波変動に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) State of polarization changes due to optical fiber handling during cable rerouting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 偏波モード分散 / Polarization mode dispersion  
キーワード(3)(和/英) 偏波状態 / State of polarization  
キーワード(4)(和/英) 支障移転 / Optical network reconfiguration  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸毛 邦弘 / Kunihiro Toge / トゲ クニヒロ
第1著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT-AS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 裕介 / Yusuke Yamada / ヤマダ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT-AS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 保苅 和男 / Kazuo Hogari / ホガリ カズオ
第3著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT-AS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 茂 / Shigeru Tomita /
第4著者 所属(和/英) NTTアクセスサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Access Network Service Systems Laboratories (略称: NTT-AS)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-11-24 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2005-41 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.429 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2005-11-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会