お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-11-18 13:00
時間-周波数分析法による音響信号解析の一試み ~ Copulaに基づく正値時間-周波数分布の導入 ~
中迫 昇・○村上百合枝近畿大
抄録 (和) 音響信号の性質を調べるためにさまざまな方法が提案されている。なかでも信号の時間的特徴と周波数領域での特徴を同時に調べることのできる時間-周波数分析法は強力なツールとしてしばしば用いられる。時間-周波数分析法には、スペクトログラム(短時間フーリエ変換)、Wigner分布、Choi-Williams分布などのいくつかの手法が知られている。一般に、時間-周波数分析ではエネルギー分布を用いるが、正値分布としての条件をすべては満足していない。本報では、周辺分布などの条件を満足するCopulaに基づく正値時間-周波数分布に着目する。これにより、たとえばスペクトログラムなどに比べ、時間と周波数両方において分解能の向上が期待できる。最終的な目標を正値時間-周波数分布による音響信号の分析と定め、今回はCopulaに基づく正値時間-周波数分布の具体的な算出法を検討する。最後にテンプレートとしてスペクトログラムを採用し、シミュレーションデータや楽音への適用を行う。 
(英) Various methods have been proposed to investigate the property of acoustic signals. Especially, a time -frequency analysis which can treat both properties in a time and frequency domains is very often utilized as a powerful analyzing tool. The usual time-frequency analysis method (e.g., spectrogram(short-time Fourier transform), Wigner distribution, Choi-Williams distribution), however, have the indeterminacy relationship between time and frequency. The energy distribution in time-frequency analysis doesn't satisfy all conditions for a non-negaitive distribution. In this report, the Copula-based positive time-frequency distribution is introduced which satisfy the marginal condition and so on, and resultantly it can be expected to improve the resolution of time and frequency simultaneously in comparison with Spectrogram. More concretely, we analyze a musical sound with the Copula-based positive time-frequency distribution. Spectrogram is adopted here as the template of transformation based on Copula. It is found that Copula-based Positive time-frequency distribution can enhance the resolution of both time and frequency rather than the Spectrogram.
キーワード (和) Copula / 正値時間-周波数分布 / スペクトログラム / 分解能 / 2次元累積分布 / / /  
(英) Copula / positive time-frequency distribution / Spectrogram / resolution / 2 dimensional cumulative distribution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 404, EA2005-79, pp. 31-36, 2005年11月.
資料番号 EA2005-79 
発行日 2005-11-11 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2005-11-17 - 2005-11-18 
開催地(和) 広島国際学院大学 立町キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 時間-周波数分析法による音響信号解析の一試み 
サブタイトル(和) Copulaに基づく正値時間-周波数分布の導入 
タイトル(英) A trial of analyzing an acoustic signal by time-frequency analysis 
サブタイトル(英) Introduction of Copula-based positive time-frequency distribution 
キーワード(1)(和/英) Copula / Copula  
キーワード(2)(和/英) 正値時間-周波数分布 / positive time-frequency distribution  
キーワード(3)(和/英) スペクトログラム / Spectrogram  
キーワード(4)(和/英) 分解能 / resolution  
キーワード(5)(和/英) 2次元累積分布 / 2 dimensional cumulative distribution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中迫 昇 / Noboru Nakasako / ナカサコ ノボル
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 百合枝 / Yurie Murakami /
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-11-18 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-79 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会