お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-11-18 13:55
[奨励講演]無線マルチホップネットワークにおけるファイル転送プロトコルの通信実験
飯塚宏之江連裕一郎松本 晃伊藤哲也NEC通信システム)・長谷川 淳板谷聡子長谷川晃朗デイビス ピーターATR
抄録 (和) 無線通信端末だけで無線マルチホップネットワークを構成した場合と,無線通信端末をアクセスポイントに収容しアクセスポイント間通信に無線マルチホップネットワークを利用し階層化した場合について,FTPとTFTPのスループットとその時間変動に注目し,屋内テストベッドにて実験を行った.その結果,無線通信端末だけで構成する場合には各クライアントでのスループットにばらつきがあること,アクセスポイントで階層化するとそのばらつきが抑制されること,および,アクセスポイント間の経路が不安定になることが確認された.これらの現象とその解析結果,および,無線マルチホップネットワーク上のアプリケーションに与える影響について報告する. 
(英) We performed the evaluations of a flat wireless multi-hop network and a hierarchical mesh network in a indoor environment. We focus on the throughput and the time fluctuation in the flat wireless multi-hop network, and fairness in the hierarchical mesh network. We show that heavy traffic from file transfer causes instability of route in the hierarchical mesh network. We report analysis for this phenomena, and effects on users.
キーワード (和) 無線マルチホップ通信 / アドホックルーティング / / / / / /  
(英) wireless multi-hop / ad hoc routing / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 405, NS2005-128, pp. 83-86, 2005年11月.
資料番号 NS2005-128 
発行日 2005-11-10 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ICM NS CQ  
開催期間 2005-11-17 - 2005-11-18 
開催地(和) くにびきメッセ(松江市) 
開催地(英) Kunibiki-messe (Matsue city) 
テーマ(和) NW性能管理,NW品質,一般 
テーマ(英) NW performance management, NW quality, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2005-11-TM-NS-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線マルチホップネットワークにおけるファイル転送プロトコルの通信実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experiments of File Transfer Protocols in Wireless Multihop Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線マルチホップ通信 / wireless multi-hop  
キーワード(2)(和/英) アドホックルーティング / ad hoc routing  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯塚 宏之 / Hiroyuki Iizuka / イイヅカ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電気通信システム (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 江連 裕一郎 / Yuichiro Ezure / エヅレ ユウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 日本電気通信システム (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 晃 / Akira Matsumoto / マツモト アキラ
第3著者 所属(和/英) 日本電気通信システム (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 哲也 / Tetsuya Ito / イトウ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 日本電気通信システム (略称: NEC通信システム)
NEC Communication Systems, Ltd. (略称: NEC Communication Systems, Ltd.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 淳 / Jun Hasegawa / ハセガワ ジュン
第5著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Lab. (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 板谷 聡子 / Satoko Itaya / イタヤ サトコ
第6著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Lab. (略称: ATR)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 晃朗 / Akio Hasegawa / ハセガワ アキオ
第7著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Lab. (略称: ATR)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) デイビス ピーター / Peter Davis / デイビス ピーター
第8著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Lab. (略称: ATR)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-11-18 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2005-128 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.405 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2005-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会