お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-11-18 10:00
仰角制御アームとサーボ回転椅子を用いた連続測定法による短時間HRIR計測 ~ 離散仰角・全方位角対応HRIR計測装置の仕様と計測精度 ~
福留公利竹之内和樹九大)・田代勇輔立石義文九州芸工大
抄録 (和) イヤホンやヘッドホンなどによる三次元音場再生は頭部インパルス応答(HRIR : Head Related Impulse Response)を用いることで実現できる。このHRIRの測定は,従来長時間の計測が必要であったが,著者等の研究室で近年開発してきたサーボ回転椅子(SSC: Servo-Swiveled Chair for HRIR measurement))と連続測定法によって短時間計測できるようになった。さらなる計測時間短縮化に必要な音源スピーカの仰角制御の自動化を図るため,ステッピングモータ駆動の仰角制御アームを作製し,SSCと組み合わせたシステムによる短時間計測を行った。今回の自動化により,離散仰角5°ステップで-50°から90°の29仰角方向に対する全方位の連続測定は,正味ほぼ1時間で計測可能となった。 
(英) A 3-D audio reproduction through earphones or headphones is realized based on the head related impulse response(HRIR). The HRIR measument has extremely been time consuming. Recently in our laboratory we have developed both a servo-swiveled chair for HRIR measurement(SSC) and a method of continuous measurement, and resulted in a fast measurement system. To reduce the time effectively, we assembled an elevation control arm with a loud speaker controlled by a stepping motor. The system composed of the elevation control arm and SSC consumes only one hour, for the HRIR measurement of all azimuthal directions with 29 elevations ranging from -50 to 90 degrees with a step of five degrees.
キーワード (和) 音像定位 / 頭外定位 / 三次元音場再生 / 頭部インパルス応答 / 連続測定法 / / /  
(英) localization of sound / outside-the-head locatedness / 3-D audio reproduction / HRIR / continuous measurement method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 404, EA2005-75, pp. 7-12, 2005年11月.
資料番号 EA2005-75 
発行日 2005-11-11 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2005-11-17 - 2005-11-18 
開催地(和) 広島国際学院大学 立町キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仰角制御アームとサーボ回転椅子を用いた連続測定法による短時間HRIR計測 
サブタイトル(和) 離散仰角・全方位角対応HRIR計測装置の仕様と計測精度 
タイトル(英) The fast measurement of HRIRs using the continuous measurement method with a servo-swiveled chair and an elevation-control arm 
サブタイトル(英) Specification of the measurement system of HRIRs for all azimuthal directions with discrete elevations, and resulting measurement accuracy 
キーワード(1)(和/英) 音像定位 / localization of sound  
キーワード(2)(和/英) 頭外定位 / outside-the-head locatedness  
キーワード(3)(和/英) 三次元音場再生 / 3-D audio reproduction  
キーワード(4)(和/英) 頭部インパルス応答 / HRIR  
キーワード(5)(和/英) 連続測定法 / continuous measurement method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福留 公利 / Kimitoshi Fukudome / フクドメ キミトシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹之内 和樹 / Kazuki Takenouchi / タケウノチ カズキ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田代 勇輔 / Yusuke Tashiro / タシロ ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 九州芸術工科大学 (略称: 九州芸工大)
Kyushu Institute of Design (略称: Kyushu Inst. Design)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 立石 義文 / Yoshifumi Tateishi / タテイシ ヨシフミ
第4著者 所属(和/英) 九州芸術工科大学 (略称: 九州芸工大)
Kyushu Institute of Design (略称: Kyushu Inst. Design)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-11-18 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-75 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会