お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-11-17 15:20
選択的スペクトル平滑化の信号処理への応用
秋田昌憲緑川洋一大分大
抄録 (和) 耐雑音音声認識のためのスペクトル規則変形やスペクトル強調を考える場合、特に高周波数域におけるスペクトル包絡の形状の不安定性が問題となる。一方この場合、低周波数域においては主要なホルマント特徴はそのまま残存している場合が多い。このため、この低周波数域の情報だけ保存して、高周波数域の形状を平滑化することにより、音声の特徴抽出および認識システムの性能を上げることが出来ると考えられる。本報告では、このことを実現する選択的スペクトル平滑化法を、従来用いられているスペクトル規則変形法・スペクトル強度軸変形法と併用し、その効果と性能評価について示している。また、この手法は音声以外の信号に対しても適用することが出来ると考えられる。ここでは、音響的雑音信号と類似した、自動車のシート部に取り付けた圧電センサの信号に対しても同様の手法を適用し、その結果から運転者の入眠予兆の検知に応用出来る可能性があることもあわせて示している。 
(英) Transform of the shape of the spectral envelopes by rules or the enhancement method of speech is often used in the speech recognition systems under the noisy environment. The effectiveness of these methods are shown, however the irregular transform of the spectral envelopes on high frequency domain is a serious problem. In this case, spectral envelopes of the noisy data contain the information of the formants on low frequency domain, even if the formants on high frequency domain are disappeared or ambiguous. So, the emphasis of the spectral envelopes on low frequency domain and the smoothing on high frequency domain may contribute to the improvement of the performance of the speech recognition systems under the noisy environment. This report shows that the method of the smoothing of the local peaks of spectral envelopes on selected frequency domain using cepstral coefficients and frequency warping method. This method is used together with the modification of the shape of the spectral envelopes by rules or the other emphasis method of the local peaks of the spectrum. Experimental results are shown in the report. And this processing method may be used for other signals. In this report, the sensor signal obtained from car seat is treated. The processed spectral envelope from sensor shows that there is a possibility of the detection of the driver’s sleepiness.
キーワード (和) ケプストラム / リフタリング / 周波数変換 / 耐雑音音声認識 / 入眠予兆 / / /  
(英) Cepstrum / Liftering / Frequency warping / Noisy speech recognition / Prediction of sleepiness / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 403, EA2005-71, pp. 19-24, 2005年11月.
資料番号 EA2005-71 
発行日 2005-11-10 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2005-11-17 - 2005-11-18 
開催地(和) 広島国際学院大学 立町キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 選択的スペクトル平滑化の信号処理への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The applications of the spectral smoothing on selected frequency domain 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ケプストラム / Cepstrum  
キーワード(2)(和/英) リフタリング / Liftering  
キーワード(3)(和/英) 周波数変換 / Frequency warping  
キーワード(4)(和/英) 耐雑音音声認識 / Noisy speech recognition  
キーワード(5)(和/英) 入眠予兆 / Prediction of sleepiness  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 昌憲 / Masanori Akita / アキタ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 緑川 洋一 / Yoichi Midorikawa / ミドリカワ ヨウイチ
第2著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-11-17 15:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-71 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.403 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会