電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-11-15 15:10
非対称3者間PAKEプロトコル
飯野 徹松尾真一郎NTTデータ)・松岡廣登尾形わかは東工大
抄録 (和) パスワード認証鍵交換(Password Authenticated Key Exchange:PAKE)は,パスワードのみを利用して2つのエンティティ間で安全なセッション鍵交換を行うプロトコルである.オンライン攻撃を行う敵に対して、限られた辞書内のパスワード利用においても安全な鍵交換が可能であることから,実システムへの適用が検討されている.これまでにも多くのPAKEに関する研究がされているが,2者間のプロトコルにおいては,複数エンティティが存在する場合に,ユーザが記憶すべきパスワードの管理負担が増大する問題や,3者間のプロトコルにおいて中間サーバが,信頼できる第三者機関である必要がある制約があるために,システム導入のためにはいくつかの問題点が残っている.

本稿では,クライアントユーザは一つのパスワードと鍵のみを安全に保持し,必ずしも信頼を仮定しない中間サーバに複数のパスワードを保持する,非対称3者間プロトコル(Asymmetric Password Authenticated Key Exchage:A3PAKE)を提案する. 
(英) Password-based authenticated key exchange (PAKE) are protocols in which
two parties establish secure session key by using only password. In the
main stream of this topic is to construct a secure key exchange protocol even if the password is chosen from small size dictionary. Thus, this research is useful for real systems and collects much attention as applied cryptographic protocols.
There are many researches on this topic, however, we must memorize
multiple password in the two-party setting, and we must trust a central server in the three-party setting.

In this paper, we propose \lq\lq Asymmetric Three-party Password-based
Authenticated Key Exchange (A3PAKE)\rq\rq. We firstly propose a model of A3PAKE, then propose a general construction of A3PAKE from any
secure 2PAKE protocol. With this construction, a client must securely
memorize only one password and store one short-term key in a
tamper-resistant device. We also must not assume the central trustee in
the proposed scheme.
キーワード (和) パスワード認証鍵交換 / 非対称認証 / シングルサインオン / / / / /  
(英) Password-based Authenticated Exchange / Asymmetric Authentication / Single Sign On / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 396, ISEC2005-108, pp. 63-70, 2005年11月.
資料番号 ISEC2005-108 
発行日 2005-11-08 (ISEC, OIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ISEC LOIS  
開催期間 2005-11-14 - 2005-11-15 
開催地(和) 北九州学術研究都市 
開催地(英) Kitakyushu Science and Research Park 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2005-11-ISEC-OIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 非対称3者間PAKEプロトコル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Asymmetric 3-party Password Authenticated Kay Exchange 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パスワード認証鍵交換 / Password-based Authenticated Exchange  
キーワード(2)(和/英) 非対称認証 / Asymmetric Authentication  
キーワード(3)(和/英) シングルサインオン / Single Sign On  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯野 徹 / Toru Iino / イイノ トオル
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTデータ (略称: NTTデータ)
NTT DATA Corporation (略称: NTT DATA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 真一郎 / Shin'ichiro Matsuo / マツオ シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTデータ (略称: NTTデータ)
NTT DATA Corporation (略称: NTT DATA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 廣登 / Hiroto Matsuoka / マツオカ ヒロト
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institue of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾形 わかは / Wakaha Ogata /
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institue of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-11-15 15:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2005-108,IEICE-OIS2005-71 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.396(ISEC), no.398(OIS) 
ページ範囲 pp.63-70 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2005-11-08,IEICE-OIS-2005-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会