お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-10-15 14:40
モーフシステムに基づいたインテリジェントパッドのメッセージアーキテクチャ
野口孝文釧路高専
抄録 (和) 我々は,コンピュータ上に可視化したオブジェクトをダイナミックに組み合わせプログラムすることができるIntelligentPadシステムを用い,教材を自由に再編集できる学習支援システムを作成してきた.当初開発してきた学習支援システムは,Smalltalkを用いて開発してきたが,現在はC++を用いている.コンピュータシステムの性能が向上した現在,Smalltalk上に開発環境を構築することは,多様なOS環境の上でシステムを利用できるなどの多くの利点がある.本論文では,Smalltalk系システムであるSqueak上に,SqueakのGUIフレームワークであるMorphクラスのサブクラスとしてIntelligentPadシステムを開発したことについて述べる. 
(英) Using IntelligentPad system which can dynamically compose the objects visualized on the screen and program it, we have developed the computer-aided instruction system which can re-edit the educational material freely. At first we developed the system with Smalltalk, but now use C++. Today the computer has high performance, and to develop a system based on the Smalltalk has benefit because we can use the system on various kinds of OS.
In this article we propose to make IntelligentPad system on the subclass of the Morph class which is a GUI frame work of Squeak.
キーワード (和) スクイーク / インテリジェントパッド / CAI / マイクロワールド / / / /  
(英) Squeak / IntelligentPad / Learing Environment / Microworld / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 336, ET2005-46, pp. 47-50, 2005年10月.
資料番号 ET2005-46 
発行日 2005-10-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2005-10-15 - 2005-10-15 
開催地(和) 広島市立大 
開催地(英)  
テーマ(和) 先進的学習システム/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2005-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モーフシステムに基づいたインテリジェントパッドのメッセージアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Message Architecture of IntelligentPad Based on Morph System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) スクイーク / Squeak  
キーワード(2)(和/英) インテリジェントパッド / IntelligentPad  
キーワード(3)(和/英) CAI / Learing Environment  
キーワード(4)(和/英) マイクロワールド / Microworld  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 孝文 / Takafumi Noguchi / ノグチ タカフミ
第1著者 所属(和/英) 釧路高専 (略称: 釧路高専)
kushiro National College of Technology (略称: Kushiro Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-10-15 14:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2005-46 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.336 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ET-2005-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会