お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-10-15 13:50
中国語母語話者のための漢字学習ポイントチェッカーの設計と開発
盧 颯山下直子富永浩之林 敏浩山崎敏範香川大
抄録 (和) 国際化の進展に伴い,近年,日本語を学習する中国人が増加している.同じ漢字圏であるという点で,学習を促進する共通点がある一方で,中国語と日本語の差異が学習を難しくしている.我々はこの差異に着目して中国人が日本語を学習するための読み・書き方・意味・発音を含むマルチメディア熟語データベースを構築する.さらに,中国語母語話者ための日本語学習システムを設計・開発する.本稿では,中国語と日本語の差異を考察し,それに基づいたデータベースを利用した漢字学習ポイントチェッカーの設計と開発について述べる. 
(英) For the purpose of global exchanges, the number of Japanese learners has been increasing. Particularly the number of Japanese learners who are native Chinese speakers keeps increasing every year. It is a stimulative that Japanese and Chinese use the Kanji. Simultaneity, Chinese speakers have any difficulty with difference between Chinese and Japanese.We are aiming at building a multi-media database with writings, readings, pronunciations, and meanings and establishing a Japanese leaning system for Chinese speakers, which pays attention to difference between Chinese and Japanese. In this research, with the database system, emphases would be put on the overcoming difficult points for Chinese speakers. What is more, we design and develop the Kanji Learning Point Checker for Native Speaker of Chinese.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Japanese learning / Kanji learning / Linguistic Education / systemJapanese language proficiency test Kanji / Learning Point Checker / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 336, ET2005-44, pp. 35-40, 2005年10月.
資料番号 ET2005-44 
発行日 2005-10-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2005-10-15 - 2005-10-15 
開催地(和) 広島市立大 
開催地(英)  
テーマ(和) 先進的学習システム/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2005-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 中国語母語話者のための漢字学習ポイントチェッカーの設計と開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Development of Kanji Learning Point Checker for Native Speaker of Chinese 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Japanese learning  
キーワード(2)(和/英) / Kanji learning  
キーワード(3)(和/英) / Linguistic Education  
キーワード(4)(和/英) / systemJapanese language proficiency test Kanji  
キーワード(5)(和/英) / Learning Point Checker  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 盧 颯 / Sa Lu / ル サ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 直子 / Naoko Yamashita / ヤマシタ ナオコ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 富永 浩之 / Hiroyuki Tominaga / トミナガ ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 敏浩 / Toshihiro Hayashi / ハヤシ トシヒロ
第4著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 敏範 / Toshinori Yamasaki / ヤマサキ トシノリ
第5著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-10-15 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2005-44 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.336 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2005-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会