電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-10-14 16:10
自律分散構築された部分最短配信木を利用したフラッディング効率化
大塚憲治塩田茂雄千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ネットワーク内の各ノードが,近隣のノードを頂点とする最短経路配信木の一部をメッセージ転送テーブルとして予め保持することで,フラッディング時のメッセージ衝突を減らすフラッディング効率化手法を提案する.提案手法では,メッセージが部分最短配信木に沿って転送されるため,メッセージ衝突を防止(メッセージ数を削減)できるだけでなく,到達率と最短経路でのメッセージ配信が保障される.また,各ノードがホップ数の制限されたダミーメッセージをフラッディングすることで,その近隣のノードが,ダミーメッセージの発信元を頂点とする最短経路配信木を自律分散学習できることを示す.更に,シミュレーションにより,べき乗則に従うネットワークにおいて,提案手法が特に優れたメッセージ削減効果を示すことを明らかにする. 
(英) In this paper, we propose an efficient-message-flooding technique for computer networks. The key idea of our proposal is that each node keeps the partial information of shortest path trees whose roots are in its neighborhood. The partial information of shortest path trees is stored as {\it message forwarding table}.
Our proposal can largely reduce the number of flooding messages by avoiding message collision while keeping message reachability at 100\% and guaranteeing the shortest-time delivery of messages. Through simulation experiments, we show that our proposal is quite effective especially in power-law-type networks.
キーワード (和) フラッディング / 最短配信木 / P2P / べき乗則 / / / /  
(英) flooding / shortest-path tree / P2P / power-law / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 323, IN2005-97, pp. 55-60, 2005年10月.
資料番号 IN2005-97 
発行日 2005-10-06 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN IN  
開催期間 2005-10-13 - 2005-10-14 
開催地(和) 慶應大学(矢上) 
開催地(英) Keio Univ. (Yagami) 
テーマ(和) IPバックボーンネットワーク,フォトニックネットワークの構成/管理/制御プロトコル技術および一般 
テーマ(英) Architecture/OAM/Control Protocol of IP backborn networks and Photonic networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2005-10-PN-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律分散構築された部分最短配信木を利用したフラッディング効率化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Efficient Flooding Technique Based on Partial Shortest-Path Trees Constructed in a Distributed Fashion 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フラッディング / flooding  
キーワード(2)(和/英) 最短配信木 / shortest-path tree  
キーワード(3)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(4)(和/英) べき乗則 / power-law  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 憲治 / Kenji Ohtsuka /
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 茂雄 / Shigeo Shioda /
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-10-14 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2005-97 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.323 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2005-10-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会