電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-10-13 10:00
相互位相変調を利用した全光偏光面回転制御による偏光状態別ルーティングの検討
白水秀知後藤信夫豊橋技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では、相互位相変調を利用することで全光制御による偏光面の回転が可能であることを明らかにし、これにより信号に持たせた任意の偏光状態別にルーティングする方法を検討する。全光制御による偏光面の回転は、マッハツェンダ干渉計の一方の腕を伝搬する信号に、波長板を利用した偏光状態の変換と光制御信号によって非線形結晶内で位相差を作ることで実現される。また任意の偏光状態によるルーティングでは、偏光コントローラを用いて抽出したい偏光面を選択可能にし、偏光ビ-ムスプリッタと非線形光学効果ゲートスイッチを用いることで自己光信号によるスイッチングが可能であることが判った。更に、本方式の光ルーティングの拡張性および波長ルーティングとの併用についても議論する。 
(英) Polarization of lightwave is rotated by cross phase modulation controlled by optical intensity, and photonic routing using the polarization status is proposed in this paper. All optical polarization control uses a Mach Zehnder interferometer (MZI) and phase shift induced by cross phase modulation using nonlinear crystal in one of the MZI arms. Routing based on the polarization status uses polarization controller with arbitrary rotation angle. A proposed routing circuit consisting of polarization beam splitter and nonlinear optic gate switch can switch optical packets according to its own polarization angle. Furthermore, we investigate scalability of polarization routing and method of combination with wavelength routing.
キーワード (和) ルーティング / 偏光 / 全光制御 / 非線形光学効果 / 相互位相変調 / / /  
(英) Routing / Polarization / All Optical Control / Nonlinear Optical Effect / Cross-Phase Modulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 324, PN2005-35, pp. 7-12, 2005年10月.
資料番号 PN2005-35 
発行日 2005-10-06 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN IN  
開催期間 2005-10-13 - 2005-10-14 
開催地(和) 慶應大学(矢上) 
開催地(英) Keio Univ. (Yagami) 
テーマ(和) IPバックボーンネットワーク,フォトニックネットワークの構成/管理/制御プロトコル技術および一般 
テーマ(英) Architecture/OAM/Control Protocol of IP backborn networks and Photonic networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2005-10-PN-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 相互位相変調を利用した全光偏光面回転制御による偏光状態別ルーティングの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Photonic routing according to polarization status controlled by all optical polarization rotation using cross phase modulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ルーティング / Routing  
キーワード(2)(和/英) 偏光 / Polarization  
キーワード(3)(和/英) 全光制御 / All Optical Control  
キーワード(4)(和/英) 非線形光学効果 / Nonlinear Optical Effect  
キーワード(5)(和/英) 相互位相変調 / Cross-Phase Modulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白水 秀知 / Yoshitomo Shiramizu / シラミズ ヨシトモ
第1著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 信夫 / Nobuo Goto / ゴトウ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 豊橋技術科学大学 (略称: 豊橋技科大)
Toyohashi University of Technology (略称: Toyohashi Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-10-13 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2005-35 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.324 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2005-10-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会