電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-10-13 11:30
[招待講演]IPオプティカルネットワーキング技術の標準化動向
井上一郎武田知典大木英司塩本公平漆谷重雄NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ?光とデータ技術の活用及び融合、?高度な制御、?新サービス及び複数サービス収容を可能とするIPオプティカルバックボーンネットワーキング技術として代表的なGMPLSをはじめとする技術の標準化動向を概観する。基本的なGMPLSは標準化がほぼ完了したものの、相互接続課題が議論されている。また、それを活用した、高度なマルチレイヤネットワーキング、トラヒックエンジニアリング、PCE(パス計算エンティティ)、L1VPN(レイヤ1VPN)技術などが新たな重要トピックとなっており、今後、1~2年程度での標準化が予想される。早急なIPオプティカルネットワークの実現に向けて、こうした分野の着実な標準化と実装が期待される。 
(英) This paper overviews standardization status of IP Optical networking technology which enables effective interworking of Optical and IP technology, advanced control, and new and legacy services creation and support. Generalized Multi Protocol Label Switching, or GMPLS is a key IP Optical networking technology and its basic parts has been standardized, including signaling, routing, link management protocol, and managed objects. While the interoperability is among the standardization topics, new topics in the area includes true networking technology which are advanced multi layer networking, traffic engineering, path computation, and layer 1 virtual private network enabling technologies. The overview on these technologies is given.
キーワード (和) IPオプティカル / GMPLS / マルチレイヤ / PCE / L1VPN / / /  
(英) IP Optical / GMPLS / Multi layer / PCE / L1VPN / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 324, PN2005-40, pp. 37-42, 2005年10月.
資料番号 PN2005-40 
発行日 2005-10-06 (IN, PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN IN  
開催期間 2005-10-13 - 2005-10-14 
開催地(和) 慶應大学(矢上) 
開催地(英) Keio Univ. (Yagami) 
テーマ(和) IPバックボーンネットワーク,フォトニックネットワークの構成/管理/制御プロトコル技術および一般 
テーマ(英) Architecture/OAM/Control Protocol of IP backborn networks and Photonic networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2005-10-PN-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IPオプティカルネットワーキング技術の標準化動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Latest IP Optical networking technologies in its standardization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPオプティカル / IP Optical  
キーワード(2)(和/英) GMPLS / GMPLS  
キーワード(3)(和/英) マルチレイヤ / Multi layer  
キーワード(4)(和/英) PCE / PCE  
キーワード(5)(和/英) L1VPN / L1VPN  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 一郎 / Ichiro Inoue / イノウエ イチロウ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 知典 / Tomonori Takeda / タケダ トモノリ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 英司 / Eiji Oki / オオキ エイジ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 漆谷 重雄 / Shigeo Urushidani / ウルシダニ シゲオ
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-10-13 11:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-IN2005-91,IEICE-PN2005-40 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.323(IN), no.324(PN) 
ページ範囲 pp.19-24(IN), pp.37-42(PN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2005-10-06,IEICE-PN-2005-10-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会