お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-10-12 13:50
カーボンナノチューブを用いた導波路型可飽和吸収素子
柏木 謙山下真司東大)・那須悠介NTT)・矢口 寛Chee Seong GohSze Yun Setアルネアラボラトリエレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2005-67
抄録 (和) カーボンナノチューブ(Carbon Nanotubes : CNT),特に単層カーボンナノチューブは,その超高速応答特性が注目され,光デバイス応用が期待されている.現在までの研究では,CNTをガラス基板やファイバ端にスプレー塗布や直接合成して利用する他に,CNTを内包するポリマーナノコンポジットの形態で利用しているが,これらの構造は他のデバイスとの集積化に不利である.そこで,他の光デバイスとの集積化が容易な平面導波路にCNTを塗布し,エバネッセント波とCNTとの相互作用する構造により平面導波路構造のCNT可飽和吸収体を実現した 
(英) Carbon nanotubes (CNTs), especially single-walled nanotubes (SWNTs) have been attracted much attention for their ultra-fast response in optical device applications research fields. So far, CNTs were sprayed or directly synthesized onto quarts substrates and the fiber ends or included into polymer nano-composits. However, these structures are not suitable for realizing compact and integrated devices. We propose and demonstrate, for the first time, a waveguide-type CNT device. for the first step of waveguide-type CNT devices, we realized waveguide-type saturable absorber based on CNTs by spraying CNTs onto planar waveguide.
キーワード (和) カーボンナノチューブ / 導波路型素子 / 可飽和吸収体 / ファイバレーザ / 受動モード同期 / / /  
(英) Carbon Nanotubes / Waveguide-Type Device / Saturable Absorber / Fiber Laser / Passive Mode Locking / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 321, OPE2005-67, pp. 13-17, 2005年10月.
資料番号 OPE2005-67 
発行日 2005-10-05 (OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2005-67

研究会情報
研究会 OPE  
開催期間 2005-10-12 - 2005-10-12 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 光機能有機材料・デバイス、非線形現象、一般 
テーマ(英) Functional organic materials for optical devices, non-linear optics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2005-10-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) カーボンナノチューブを用いた導波路型可飽和吸収素子 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Waveguide-Type Saturable Absorber Based on Carbon Nanotubes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カーボンナノチューブ / Carbon Nanotubes  
キーワード(2)(和/英) 導波路型素子 / Waveguide-Type Device  
キーワード(3)(和/英) 可飽和吸収体 / Saturable Absorber  
キーワード(4)(和/英) ファイバレーザ / Fiber Laser  
キーワード(5)(和/英) 受動モード同期 / Passive Mode Locking  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柏木 謙 / Ken Kashiwagi / カシワギ ケン
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 真司 / Shinji Yamashita / ヤマシタ シンジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 那須 悠介 / Yusuke Nasu / ナス ユウスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢口 寛 / Hiroshi Yaguchi / ヤグチ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 株式会社アルネアラボラトリ (略称: アルネアラボラトリ)
Alnair Laboratories Corporation (略称: Alnair Labs.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Chee Seong Goh / Chee Seong Goh / Chee Seong Goh
第5著者 所属(和/英) 株式会社アルネアラボラトリ (略称: アルネアラボラトリ)
Alnair Laboratories Corporation (略称: Alnair Labs.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Sze Yun Set / Sze Yun Set / Sze Yun Set
第6著者 所属(和/英) 株式会社アルネアラボラトリ (略称: アルネアラボラトリ)
Alnair Laboratories Corporation (略称: Alnair Labs.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-10-12 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2005-67 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.321 
ページ範囲 pp.13-17 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-OPE-2005-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会