お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-22 16:20
色スリットを用いた両眼ステレオによる時系列三次元顔面形状計測
荒井隆宏池ヶ谷直樹佐治 斉静岡大
抄録 (和) 人間の顔の時系列三次元形状データを,簡単な装置により計測する方法は種々の応用において有用である.しかし現状では,大掛かりな装置や拘束条件の下でなければ計測できないものが多く,手法の応用が限られている.これを踏まえ,本研究では,色スリットを用いた両眼ステレオ法により,一対のステレオ画像のみを用いた顔面の三次元形状の計測を時間的に連続して行うことで,顔面動作の実時間計測を可能とする手法を提案する. 
(英) The 3D shape measurement of a human face by using the simple devices is useful in various applications,and many researches have been reported until now. However, in the present, there are a lot of measurement methods with large scale devices under strong restraint conditions, and hence the application of the method is limited. In our research, we use binocular stereo methods with color slits. We measure a 3D facial shape by using a couple of stereo image, and continue to do the measurement sequentially. Therefore, our method enables real-time measurement of
a human face in motion.
キーワード (和) 三次元計測 / 色スリット / 顔形状 / 動画像処理 / / / /  
(英) 3D Measuring / Color Slits / Facial Shape / Image Sequence Processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 302, PRMU2005-74, pp. 65-70, 2005年9月.
資料番号 PRMU2005-74 
発行日 2005-09-15 (NLC, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU NLC  
開催期間 2005-09-21 - 2005-09-22 
開催地(和) 東大(本郷) 
開催地(英)  
テーマ(和) ロボットとの相互作用のための言語処理・パターン認識・メディア理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-09-PRMU-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 色スリットを用いた両眼ステレオによる時系列三次元顔面形状計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measuring time sequence of three-dimensional facial shapes using binocular stereo with color slits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三次元計測 / 3D Measuring  
キーワード(2)(和/英) 色スリット / Color Slits  
キーワード(3)(和/英) 顔形状 / Facial Shape  
キーワード(4)(和/英) 動画像処理 / Image Sequence Processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 隆宏 / Takahiro Arai / アライ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池ヶ谷 直樹 / Naoki Ikegaya / イケガヤ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐治 斉 / Hitoshi Saji / サヂ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-22 16:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-NLC2005-47,IEICE-PRMU2005-74 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.300(NLC), no.302(PRMU) 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2005-09-15,IEICE-PRMU-2005-09-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会