お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-22 13:40
適応摂動相関法の提案 ~ 文字認識のための相関法の一改良 ~
北村浩治二階堂真理恵中島由美安田道夫明星大
抄録 (和) 個別文字認識のための手法のひとつとして適応摂動相関法を提案する.
相関を利用する文字認識手法で,アフィン変型の各パラメータについて,
従来,高々$\pm 1$単位までしか行なわれなかった摂動量を$\pm 3$単位
まで拡大する摂動範囲の広域化が有効であるシミュレーション実験を
以前に報告した.しかし,この摂動範囲の広域化はその効果と引き代えに
膨大な計算量を必要とした.
摂動範囲を広域化した摂動相関法に計算量を節減するために,山登り法を
適用した適応摂動相関法を提案して,その効果とシミュレーション実験
について報告する. 
(英) This paper propose a new method for character recognition, say adaptive
perturbed correlation method. We reported experimental evaluation that
extended range perturbed correlation method. Usually, the amount of the
perturbation done only $\pm 1$ unit about each parameter for affine
transformation, we expanded it up to $\pm 3$ unit, and that result was good.
But, that extended range needed too much calculation. We propose adaptive
perturbed correlation method which use down hill method for extended range
perturbed correlation to reduce calculation, and report simulation results.
キーワード (和) 山登り法 / 相関 / 摂動 / パターンマッチング / 手書き数字 / / /  
(英) Down hill method / Correlation / Perturbation / Pattern matching / Handwritten Numerical Character / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 302, PRMU2005-77, pp. 83-88, 2005年9月.
資料番号 PRMU2005-77 
発行日 2005-09-15 (NLC, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU NLC  
開催期間 2005-09-21 - 2005-09-22 
開催地(和) 東大(本郷) 
開催地(英)  
テーマ(和) ロボットとの相互作用のための言語処理・パターン認識・メディア理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-09-PRMU-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 適応摂動相関法の提案 
サブタイトル(和) 文字認識のための相関法の一改良 
タイトル(英) A Proposal for Adaptive Perturbed Correlation Method 
サブタイトル(英) An Improved Correlation Method for Character Recognition 
キーワード(1)(和/英) 山登り法 / Down hill method  
キーワード(2)(和/英) 相関 / Correlation  
キーワード(3)(和/英) 摂動 / Perturbation  
キーワード(4)(和/英) パターンマッチング / Pattern matching  
キーワード(5)(和/英) 手書き数字 / Handwritten Numerical Character  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 浩治 / Koji Kitamura / キタムラ コウジ
第1著者 所属(和/英) 明星大学 (略称: 明星大)
Meisei University (略称: Meisei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 二階堂 真理恵 / Marie Nikaido / ニカイドウ マリエ
第2著者 所属(和/英) 明星大学 (略称: 明星大)
Meisei University (略称: Meisei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 由美 / Yumi Nakashima / ナカシマ ユミ
第3著者 所属(和/英) 明星大学 (略称: 明星大)
Meisei University (略称: Meisei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 道夫 / Michio Yasuda / ヤスダ ミチオ
第4著者 所属(和/英) 明星大学 (略称: 明星大)
Meisei University (略称: Meisei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-22 13:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-NLC2005-50,IEICE-PRMU2005-77 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.300(NLC), no.302(PRMU) 
ページ範囲 pp.83-88 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2005-09-15,IEICE-PRMU-2005-09-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会