お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-22 15:50
HLAC特徴を用いた照明変化に頑健な物体認識
白木孝義東大)・大津展之産総研/東大
抄録 (和) 照明変動は実環境下での物体認識を困難にする要因の一つである. この問題に対して多くの手法が提案されてきたが, それらの多くは幾何変換に弱いという欠点を持つ. 本稿では, 高次局所自己相関(HLAC)特徴を用いることにより, 平行移動の場合において, この欠点を克服する. まず, 物体表面をLambertian面と仮定することで, 照明変化によりHLAC特徴ベクトルが3次元多様体を成し, それがある線形な部分空間に内包されることを示す. 次に, そのような性質を考慮して, HLAC特徴ベクトルに対して部分空間法を適用することにより, 照明変動だけでなく平行移動に対しても頑健な認識手法を提案する. 
(英) A change of illumination makes it difficult to recognize objects in the real world. Though many methods have tackled this problem, most of them have a weakness for geometrical transformations. In this paper, we treat the case of translation by using Higher-order Local AutoCorrelation (HLAC) features which is invariant under translation. First, we prove the set of HLAC feature vectors of an object with a lambertian surface forms a 3D manifold and is constrained in a linear subspace. Second, we consider such a property and propose a method which is robust to the change of illumination and position by applying a subspace method to HLAC feature vectors.
キーワード (和) 照明 / lambertian / 高次局所自己相関 / HLAC / 頑健 / / /  
(英) illumination / lambertian / HLAC(Higher-order Local AutoCorrelation) / robust / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 302, PRMU2005-73, pp. 59-63, 2005年9月.
資料番号 PRMU2005-73 
発行日 2005-09-15 (NLC, PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PRMU NLC  
開催期間 2005-09-21 - 2005-09-22 
開催地(和) 東大(本郷) 
開催地(英)  
テーマ(和) ロボットとの相互作用のための言語処理・パターン認識・メディア理解 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2005-09-PRMU-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HLAC特徴を用いた照明変化に頑健な物体認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Robust Recognition of Objects under Variable Illumination Conditions using Higher-order Local Auto-Correlation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 照明 / illumination  
キーワード(2)(和/英) lambertian / lambertian  
キーワード(3)(和/英) 高次局所自己相関 / HLAC(Higher-order Local AutoCorrelation)  
キーワード(4)(和/英) HLAC / robust  
キーワード(5)(和/英) 頑健 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白木 孝義 / Takayoshi Shiraki / シラキ タカヨシ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 展之 / Nobuyuki Otsu / オオツ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 産業技術総合研究所 東京大学 (略称: 産総研/東大)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: AIST, Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-22 15:50:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-NLC2005-46,IEICE-PRMU2005-73 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.300(NLC), no.302(PRMU) 
ページ範囲 pp.59-63 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLC-2005-09-15,IEICE-PRMU-2005-09-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会