お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-16 10:30
自律再構成による低消費エネルギー化手法
今井茂毅熊本大)・飯田全広熊本大/JST)・末吉敏則熊本大
抄録 (和) 本研究は,リコンフィギャラブルデバイス上の回路が消費するエネルギーの削減を目的とする.
我々は,入力データに依存した回路(データ依存回路)を複数生成し,それらを切替えて動作させることにより,消費エネルギーを削減する.
この手法は,ゲートレベルによる操作のため,任意の回路に簡単に適用できる.また,回路の切替えは入力データに応じて自律的に行うことができ,再構成制御にかかるコストが低い.
本論文では,オリジナル回路とデータ依存回路で実行した場合の消費エネルギーを比較する.
JPEGエンコーダを評価回路としてDCTモジュールに本手法を適用した結果,MAC演算回路を2コンテキスト化した場合,その回路の消費エネルギーを最大約24.7%削減できた.
また,クロック周期の約11.2%の短縮も確認できた. 
(英) High power consumption is a constraining factor for Reconfigurable Devices growth.
We aim at reducing energy consumption by autonomous reconfiguration of data-dependent circuits.
These circuits are reconfigured in accordance with input data.
In this paper, we compare the energy consumption of the data-dependent circuits with that of the original circuits.
We apply our method to a DCT module of JPEG encoder, and we make MAC circuit by two contexts in this application.
As a result of evaluation, the energy consumption was reduced by a maximum of about 24.7%.
Moreover, the clock period of the data-dependent circuit was improved about 11.2%.
キーワード (和) リコンフィギャラブルデバイス / 低消費エネルギー / 自律再構成 / / / / /  
(英) Reconfigurable Device / Low Energy / Autonomous Reconfiguration / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 288, RECONF2005-44, pp. 19-24, 2005年9月.
資料番号 RECONF2005-44 
発行日 2005-09-09 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2005-09-15 - 2005-09-16 
開催地(和) 国民宿舎 みやじま 杜の宿 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2005-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律再構成による低消費エネルギー化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method of low energy design over an autonomous reconfiguration technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) リコンフィギャラブルデバイス / Reconfigurable Device  
キーワード(2)(和/英) 低消費エネルギー / Low Energy  
キーワード(3)(和/英) 自律再構成 / Autonomous Reconfiguration  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 茂毅 / Shigeki Imai / イマイ シゲキ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大/JST)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-16 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2005-44 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.288 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2005-09-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会