お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-16 10:00
遺伝的手法による再構成型格子結合プロセッサの縮退再構成方式
福島裕介福士 将堀口 進東北大
抄録 (和) 近年のVLSI技術の進歩により,チップやウェーハ上に複数のプロセッサを接続
した大規模並列システムを実装することが可能になりつつある.
このようなシステムでは,製造時に発生する欠陥や稼動時に発生する故障により
システムが正常に機能しなくなるため,想定するネットワーク結合を維持しながら,故障箇所を回避し,出来るだけ多くのプロセッサを利用するような
リコンフィギャラブルシステムとして設計しなければならない.
本研究では,行列演算や,画像処理,信号処理などの様々な処理に適している2次元格子結合プロセッサに注目し,遺伝的アルゴリズム(GA)を用いた新しい縮退再構成方式を提案する.GAにルーティング時の規則を探索させることで,効率の良い再構成を実現する.計算機シミュレーションにより,提案手法の収穫率と縮退率を評価し,従来法より優れていることを示す. 
(英) The recent advanced VLSI technology allows massively parallel systems
to be fabricated on a single chip or silicon wafer.
However, the major problem is that manufacturing defects are inevitable
during fabrication and it is almost impossible to guarantee all the processing element (PE) in the system be fault-free throughout its working lifetime.
Therefore, such integrated systems have to be designed as reconfigurable
systems so as to avoid defects/faults and utilize as many fault-free PEs
as possible, keeping the pre-determined inter-connection topology.
In this paper, we propose a new reconfiguration method using genetic
algorithm (GA) for two-dimensional mesh-connected processor array
which is known to be an efficient topology for many computational
processes, such as matrix manipulation, image processing and signal processing. The GA is used to evolve rerouting strategies for constructing
logical rows/columns.
キーワード (和) 格子結合プロセッサアレイ / 再構成 / 縮退方式 / フォールトトレランス / 遺伝的アルゴリズム / / /  
(英) Mesh connected processor array / Reconfiguration / Degradation / Fault-tolerance / Genetic algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 288, RECONF2005-43, pp. 13-18, 2005年9月.
資料番号 RECONF2005-43 
発行日 2005-09-09 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2005-09-15 - 2005-09-16 
開催地(和) 国民宿舎 みやじま 杜の宿 
開催地(英)  
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム,一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2005-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遺伝的手法による再構成型格子結合プロセッサの縮退再構成方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Genetic Approach for Reconfigurable Mesh Connected Processors 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 格子結合プロセッサアレイ / Mesh connected processor array  
キーワード(2)(和/英) 再構成 / Reconfiguration  
キーワード(3)(和/英) 縮退方式 / Degradation  
キーワード(4)(和/英) フォールトトレランス / Fault-tolerance  
キーワード(5)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 裕介 / Yusuke Fukushima / フクシマ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福士 将 / Masaru Fukushi / フクシ マサル
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀口 進 / Susumu Horiguchi / ホリグチ ススム
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-16 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2005-43 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.288 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2005-09-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会