お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-16 10:45
レイヤ2セキュリティの標準化動向と課題
村上 謙佐藤浩司横谷哲也安士哲次郎三菱電機
抄録 (和) IEEE802.1のLink Security Task Groupにて,レイヤ2レベルのセキュリティに関する標準化が進められている.具体的には,802.1AEにてMAC (Media Access Control)サービスを適用するLAN/MAN (Local Area/Metropolitan Area Network)でのセキュア通信機能を,802.1afにてMACセキュリティのためのコネクティビティアソシエーション確立方法を議論している。802.1AEはDraft3.5によるワーキンググループレベルの投票が7月に行われ、11月までに次のステップ(スポンサー投票)に進む予定である。また来年5月の標準制定を目標としている。一方,802.1afはDraft0.2が7月に発行されたが,課題も多く,依然としてタスクグループ投票前の議論が続けられている。こちらは来年12月の標準制定を目標としている。本報告では,各ワーキンググループでの審議状況をまとめるとともに,特に802.1afにおける今後の課題を示す. 
(英) The Link Security Task Group in IEEE802.1 plans to make standards of layer 2 security. In this task group, secured communication facilities on LAN/MAN that use MAC service are discussed in 802.1AE, and authenticated key agreement for MAC security is discussed in 802.1af. 802.1AE took working group ballot for Draft3.5 in July, and it plans to proceed to sponsor ballot before November. Additionally, it aims at the standardization in May, 2006. On the other hand, 802.1af issued Draft0.2 in July. However, as many items still remain, it is discussing them toward task group ballot. It aims at the standardization in December 2006. This report summarizes the status toward the standardization in these two working groups and indicates items especially in 802.1af.
キーワード (和) レイヤ2 / メディアアクセスコントロール / セキュリティ / 認証 / / / /  
(英) Layer 2 / Media Access Control / Security / Authentication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 280, CS2005-31, pp. 85-89, 2005年9月.
資料番号 CS2005-31 
発行日 2005-09-08 (NS, IN, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CS IN NS  
開催期間 2005-09-15 - 2005-09-16 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) アクティブネットワーク, IP-VPN, ネットワークセキュリティ, 超高速ネットワーク, P2P通信, ネットワークソフトウェア, 一般 
テーマ(英) Active Network, IP-VPN, Network Security, High Speed Network, P2P Communication, Network Software, and Others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2005-09-CS-IN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レイヤ2セキュリティの標準化動向と課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Status toward standardization of layer 2 security and items 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レイヤ2 / Layer 2  
キーワード(2)(和/英) メディアアクセスコントロール / Media Access Control  
キーワード(3)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(4)(和/英) 認証 / Authentication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 謙 / Ken Murakami / ムラカミ ケン
第1著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 浩司 / Koji Sato / サトウ コウジ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 横谷 哲也 / Tetsuya Yokotani / ヨコタニ テツヤ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安士 哲次郎 / Tetsujiro Yasushi / ヤスシ テツジロウ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-16 10:45:00 
発表時間 90 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-NS2005-85,IEICE-IN2005-73,IEICE-CS2005-31 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.278(NS), no.279(IN), no.280(CS) 
ページ範囲 pp.37-41(NS), pp.73-77(IN), pp.85-89(CS) 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2005-09-08,IEICE-IN-2005-09-08,IEICE-CS-2005-09-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会