電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-09-09 09:55
単純化された電力線モデルからの漏洩電界測定
前川浩二ラインコム)・石川直己三菱電機)・神宝照司きんでん)・稲田 勉松下電工)・牧 昌弘パナソニックコミュニケーションズ)・渡邊陽介徳田正満武蔵工大
抄録 (和) 電力線通信(PLC)において電力線の各種パラメータを把握することは、伝送能力の向上、漏洩電界の低減などにとって重要である。本測定では、電力線のLCL、コモンモード電流、コモンモードインピーダンス等の高周波伝導特性と、電力線から漏洩する電界強度を測定した。その結果、?LCLと漏洩電界の間には良い相関があること、?分岐線を追加してもLCLは悪化せず、むしろ、改善されていること、?屋内では、柱上トランスにおける電力線の接地の影響が低減されて、電力線の片線が長い照明分岐線による影響が支配的になるため、欧米と同じLCLが日本でも使用可能なこと、等が明らかになった。 
(英) For making Power Line Communication (PLC) practical, it is critical to comprehend parameters of power line. In this paper, we measured the leaked electric field from simplified power line model and the high-frequency conduction characteristics, such as LCL, common mode current and common mode impedance. As a result, it is shown; (1) there is a good correlation between LCL and the leaked electric field, (2) the addition of branch lines improves LCL instead of deteriorating it, (3) the LCL value in Europe and USA can be applicable in Japan because the influence by unbalanced–length feed lines for lights becomes dominant and the grounding at the pole-mounted transformer can be neglected.
キーワード (和) 電力線通信 / PLC / 漏洩電界 / LCL / コモンモード電流 / / /  
(英) Power Line Communication (PLC) / leaked electric field / LCL / common mode current / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 263, EMCJ2005-67, pp. 49-54, 2005年9月.
資料番号 EMCJ2005-67 
発行日 2005-09-01 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2005-09-08 - 2005-09-09 
開催地(和) 京都大学吉田キャンパス 
開催地(英) Kyoto University 
テーマ(和) 通信EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2005-09-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 単純化された電力線モデルからの漏洩電界測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Leaked electric field measurement from simplified power line model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力線通信 / Power Line Communication (PLC)  
キーワード(2)(和/英) PLC / leaked electric field  
キーワード(3)(和/英) 漏洩電界 / LCL  
キーワード(4)(和/英) LCL / common mode current  
キーワード(5)(和/英) コモンモード電流 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 浩二 / Koji Maegawa / マエガワ コウジ
第1著者 所属(和/英) ラインコム(株) (略称: ラインコム)
Linecom Company Inc. (略称: Linecom)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 直己 / Naoki Ishikawa / イシカワ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機(株) (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神宝 照司 / Terushi Shinpo / シンポウ テルシ
第3著者 所属(和/英) (株)きんでん (略称: きんでん)
KINDEN CORPORATION (略称: KINDEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲田 勉 / Tsutomu Inada / イナダ ツトム
第4著者 所属(和/英) (株)松下電工解析センター (略称: 松下電工)
Matsushita Electric Works Analysis Center., Ltd. (略称: Matsushita Electric Works Analysis Center)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧 昌弘 / Masahiro Maki / マキ マサヒロ
第5著者 所属(和/英) パナソニックコミュニケーションズ株式会社 (略称: パナソニックコミュニケーションズ)
Panasonic Communications (略称: Panasonic Communications)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 陽介 / Yosuke Watanabe / ワタナベ ヨウスケ
第6著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Institute of Technology)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳田 正満 / Masamitsu Tokuda / トクダ マサミツ
第7著者 所属(和/英) 武蔵工業大学 (略称: 武蔵工大)
Musashi Institute of Technology (略称: Musashi Institute of Technology)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-09-09 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2005-67 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.263 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2005-09-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会