電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-08-26 14:35
ファイバ中のソリトン効果/自己位相変調によるスペクトル広がりを利用した全光アナログ-ディジタル変換
小田祥一朗丸田章博阪大
抄録 (和) 近年,電子デバイスの動作速度に制限を受けない,全光アナログ--ディジタル
変換の研究が盛んに行なわれている.本報告では,ソリトン効果又は,自己位相変調が
引き起こすスペクトル広がりを利用した全光AD変換の方法を提案している.
提案している方法は,原理的に偏波無依存で超高速動作が可能である.
数値シミュレーション及び,原理確認実験を行い,提案した全光AD変換法が有効であることを示す. 
(英) In this paper, we propose novel ultrafast and polarization-independent all-optical
analog-to-digital conversion schemes.
The proposed schemes are realized by filtering the broadened and split spectrum
induced by soliton effect or self-phase modulation in fiber
with an arrayed waveguide grating.
We conducted proof-of-principle experiments
and successfully demonstrated 2-bit all-optical analog-to-digital conversions
with Gray code output, which shows the feasibility of the proposed scheme.
キーワード (和) 光アナログーディジタル変換 / 光ソリトン / 自己位相変調 / / / / /  
(英) Optical anlog-to-digital conversion / Optical soliton / Self-phase modulation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 243, OCS2005-45, pp. 57-62, 2005年8月.
資料番号 OCS2005-45 
発行日 2005-08-19 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OFT OCS  
開催期間 2005-08-25 - 2005-08-26 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英) Akita Univ. 
テーマ(和) 次世代光ファイバ、光計測、光伝搬、光信号処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2005-08-OFT-OCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ファイバ中のソリトン効果/自己位相変調によるスペクトル広がりを利用した全光アナログ-ディジタル変換 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) All-Optical Analog-to-Digital Conversion by Filtering Broadened and Split Spectrum Induced by Soliton Effect or SPM in Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光アナログーディジタル変換 / Optical anlog-to-digital conversion  
キーワード(2)(和/英) 光ソリトン / Optical soliton  
キーワード(3)(和/英) 自己位相変調 / Self-phase modulation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 祥一朗 / Shoichiro Oda / オダ ショウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-08-26 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2005-45 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.243 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2005-08-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会