お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-08-25 13:05
PPP-BOTDA測定技術を用いた10cm分解能ブリルアン分布計測の実現
李 哲賢津田 勉岸田欣増ニューブレクス
抄録 (和) パルス・プリポンプ方法(Pulse-PrePump)を用いた高分解能ブリルアン分布計測(BOTDA)の理論検討についてすでに発表し,その高距離分解能測定,高歪/温度測定精度の可能性を示した. 本論文は,その内容に基づいて高距離分解能(10cm)かつ高歪測定精度(±25με)で光ファイバの性能を測定することが可能なPPP-BOTDA(Pulse-PrePump Brillouin Optical Time Domain Analysis)を開発したことについて述べたものである.本論文では,まず理論検討の結果と実測データの結果とを比較し,PPP-BOTDAの利点を明らかにした. 次にPPP-BOTDAの構成について述べ,実現可能な距離分解能,ブリルアン周波数シフト測定精度,測定範囲について明らかにする. 最後に開発したポータブルタイプなPPP-BOTDAを使って,実際に測定した10cm空間分解能,±25μεひずみ測定精度の結果を報告し,PPP-BOTDAの実用性の高さを示した. 
(英) Principle of Pulse Pre-Pump(PPP) method was published in our previous work. The possibility of access both high spatial resolution and good precision was illustrated. These double specs have been the target of Brillouin distributed measuring technique (BOTDA) for more than 10 years. This paper reports the experimental results of PPP-BOTDA (Pulse-PrePump Brillouin Optical Time Domain Analysis) based on the published theory. In this report, we describe the system of PPP-BOTD. The results of theoretical prediction and experimental data are compared. PPP-BOTDA method shows a unique advantage over other existing plans. The topics of spatial resolution, Brillouin frequency shift precision, and measurement range are discussed. Based on these new understanding, a commercial portable type system of PPP-BOTDA is developed. The spatial resolution of 10cm and the strain measuring precision equivalent to ±25με are successfully achieved, as well as kilometers order of sensing distance. This was not reported before to our knowledge. We believe this system has a high utility in the future.
キーワード (和) パルス・プリポンプ方法 / PPP-BOTDA / ブリルアン分布計測 / 高距離分解能 / 高ひずみ測定精度 / BOTDA / BOTDR /  
(英) PPP-BOTDA / Pulse-PrePump Method / Brillouin / Highly spatial resolution / BOTDA / BOTDR / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 242, OFT2005-16, pp. 1-6, 2005年8月.
資料番号 OFT2005-16 
発行日 2005-08-18 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 OFT OCS  
開催期間 2005-08-25 - 2005-08-26 
開催地(和) 秋田大学 
開催地(英) Akita Univ. 
テーマ(和) 次世代光ファイバ、光計測、光伝搬、光信号処理、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2005-08-OFT-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) PPP-BOTDA測定技術を用いた10cm分解能ブリルアン分布計測の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) PPP-BOTDA method to achieve cm-order spatial resolution in Brillouin distributed measuring technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルス・プリポンプ方法 / PPP-BOTDA  
キーワード(2)(和/英) PPP-BOTDA / Pulse-PrePump Method  
キーワード(3)(和/英) ブリルアン分布計測 / Brillouin  
キーワード(4)(和/英) 高距離分解能 / Highly spatial resolution  
キーワード(5)(和/英) 高ひずみ測定精度 / BOTDA  
キーワード(6)(和/英) BOTDA / BOTDR  
キーワード(7)(和/英) BOTDR /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 哲賢 / Li Che-Hsien /
第1著者 所属(和/英) ニューブレクス (略称: ニューブレクス)
NEUBREX CO., LTD。 (略称: NEUBREX)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 津田 勉 / Tsutomu Tsuda /
第2著者 所属(和/英) ニューブレクス (略称: ニューブレクス)
NEUBREX CO., LTD. (略称: NEUBREX)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸田 欣増 / Kinzo Kishida /
第3著者 所属(和/英) ニューブレクス (略称: ニューブレクス)
NEUBREX CO., LTD. (略称: NEUBREX)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-08-25 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2005-16 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.242 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2005-08-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会