お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-29 15:10
[技術展示]リコンフィギュアラブル RF CMOS 無線集積回路の研究
岡田健一菅原弘雄益 一哉東工大
抄録 (和) 本研究では,Si CMOS 技術によるマルチスタンダード無線回路の実現に向けて,リコンフィギュラブルRF回路技術を提案する.提案する回路アーキテクチャは,RF回路部とディジタルの制御回路から構成されており,トランジスタや可変受動素子のバイアス電圧を制御することにより,また,回路をブロックごと切り替えることにより,回路機能を動的に再構成する.再構成機能を用いることで,マルチバンド化のみならず,歩留まりの向上や低消費電力化が可能であり,静的な回路では実現不可能な高品質な回路の実現が可能である. 
(英) This paper proposes a dynamic reconfigurable architecture for analog RF circuits. The architecture consists of RF circuits and a control circuit. The RF circuits can be reconfigured by bias voltages of transistors and variable passive components, and the RF circuit block can also be switched dynamically. The proposed architecture can realize the multi-band/mode RF circuit in single chip for the Software Defined Radio, which achieves considerable reduction of circuit area and power consumption. On the other hand, we can obtain robust RF circuits by the dynamic reconfiguration for the process variation, the dynamic change of temperature, etc.
キーワード (和) 再構成 / CMOS RF回路 / マルチスタンダード / マルチバンド / / / /  
(英) Reconfigurable / RF CMOS / wireless / multi-standard / multi-standard / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 217, SR2005-35, pp. 97-103, 2005年7月.
資料番号 SR2005-35 
発行日 2005-07-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2005-07-28 - 2005-07-29 
開催地(和) YRP 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 技術展示,パネル討論,無線信号処理実装,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Panel Discussion, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2005-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [技術展示]リコンフィギュアラブル RF CMOS 無線集積回路の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Reconfigurable RF Wireless Circuit 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 再構成 / Reconfigurable  
キーワード(2)(和/英) CMOS RF回路 / RF CMOS  
キーワード(3)(和/英) マルチスタンダード / wireless  
キーワード(4)(和/英) マルチバンド / multi-standard  
キーワード(5)(和/英) / multi-standard  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 健一 / Kenichi Okada / オカダ ケンイチ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅原 弘雄 / Hirotaka Sugawara / スガワラ ヒロタカ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 益 一哉 / Kazuya Masu / マス カズヤ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-29 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2005-35 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.97-103 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-SR-2005-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会