お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-29 10:00
[技術展示] エスパアンテナを利用したIEEE802.15.4 秘密鍵共有システム
青野智之伊藤 隆太郎丸 真大平 孝ATR)・笹岡秀一同志社大
抄録 (和) ソフトウェア無線の主要な機能として,無線ダウンロードによるソフトウェアのアップグレード機能がある.ダウンロードされるソフトウェアそのものが盗聴されてしまうと,端末自体を簡単に複製されてしまう危険があるため,ソフトウェアのダウンロード時の基地局-端末局間の暗号化は現行の無線通信システム以上に重要である.無線通信の盗聴対策として,民生品向け可変指向性アンテナであるエスパ(ESPAR : Electronically Steerable Parasitic Array Radiator)アンテナと電波伝搬の相反性の原理を利用した秘密鍵共有システムを開発し,通信規格IEEE802.15.4/ZigBeeに準拠したシステムを試作したので報告する. 
(英) As the main feature of software defined radio communication systems, there is the upgrade function of softwares by over-the-air download. If the software to be downloaded is eavesdropped, it may be dangerous for a wireless terminal to be copied easily. It is, therefore, more important for downloaded softwares from base stations to wireless terminals to be encrypted than existing wireless communication systems. A secure communication scheme that uses the random fluctuation of the natural environment of communication channels is studied. We have been developing a novel secret key generation and agreement scheme that uses the fluctuation of channel characteristics with an Espar (Electronically Steerable Parasitic Array Radiator) antenna, which has been studied as a variable directional antenna for consumers. We demonstrate the prototype system in which the IEEE802.15.4/ZigBee chip is mounted.
キーワード (和) エスパアンテナ / 伝搬路特性 / RSSI / 鍵共有 / IEEE802.15.4 / 指向性アンテナ / ZigBee /  
(英) Espar antenna / channel characteristics / RSSI / key agreement / IEEE802.15.4 / directional antenna / ZigBee /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 217, SR2005-27, pp. 45-52, 2005年7月.
資料番号 SR2005-27 
発行日 2005-07-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2005-07-28 - 2005-07-29 
開催地(和) YRP 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 技術展示,パネル討論,無線信号処理実装,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Panel Discussion, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2005-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [技術展示] エスパアンテナを利用したIEEE802.15.4 秘密鍵共有システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) IEEE802.15.4 ESPARSKey (Encryption Scheme Parasite Array Radiator Secret Key) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エスパアンテナ / Espar antenna  
キーワード(2)(和/英) 伝搬路特性 / channel characteristics  
キーワード(3)(和/英) RSSI / RSSI  
キーワード(4)(和/英) 鍵共有 / key agreement  
キーワード(5)(和/英) IEEE802.15.4 / IEEE802.15.4  
キーワード(6)(和/英) 指向性アンテナ / directional antenna  
キーワード(7)(和/英) ZigBee / ZigBee  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 智之 / Tomoyuki Aono / アオノ トモユキ
第1著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 隆 / Takashi Ito / イトウ タカシ
第2著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 太郎丸 真 / Makoto Taromaru / タロウマル マコト
第3著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 孝 / Takashi Ohira / オオヒラ タカシ
第4著者 所属(和/英) ATR (略称: ATR)
ATR (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹岡 秀一 / Hideichi Sasaoka / ササオカ ヒデイチ
第5著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-29 10:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2005-27 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.45-52 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2005-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会