お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-29 15:45
リアルタイム3D超音波断層画像による僧帽弁輪の立体構造の解析 ~ 弁輪位置の抽出 ~
大木隆弘川崎医療福祉大)・渡邉 望赤阪隆史吉田 清小笠原康夫川崎医科大
抄録 (和) 僧帽弁の弁輪形状の解析を目的とし、リアルタイム3D超音波診断装置で撮影された画像から僧帽弁輪の抽出と、その立体構造の評価をおこなった。超音波専門医がプロットした4点から弁輪の全体形状の抽出を試みた。プロットした4点からスプライン補間した座標を弁輪位置抽出の基準点として、テンプレートマッチングをおこなうことにより、僧帽弁の弁輪位置を抽出した。超音波専門医が用手的に求めた弁輪位置と比較して抽出システムの性能を検討した。平均誤差は約2mmであり、本手法は弁輪の診断、治療に有用であることがわかった。 
(英) We aimed to clarify the configuration of the mitral annulus using real-time three-dimensional (3D) echocardiography. The structure of the mitral annulus is detected using only four points plotted by an echocardiologist. The base point is the coordinates of spline interpolated using the four points. The mitral annulus is estimated using a template matching by the base point. The detected annulus was compared with the plotted position by the echocardiologist. Mean error was about 2 mm. This method would be useful in diagnosis and decision of the surgical strategy for the mitral valve diseases.
キーワード (和) リアルタイム3D超音波装置 / 僧帽弁輪 / 立体構造 / / / / /  
(英) Realtime 3D Echocardiography / Mitral annulus / 3D structure / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 221, MBE2005-34, pp. 47-50, 2005年7月.
資料番号 MBE2005-34 
発行日 2005-07-22 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2005-07-29 - 2005-07-30 
開催地(和) 徳島大学工学部内工業会館 
開催地(英)  
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2005-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リアルタイム3D超音波断層画像による僧帽弁輪の立体構造の解析 
サブタイトル(和) 弁輪位置の抽出 
タイトル(英) Evaluation of the Mitral Valve Structure Using Realtime 3D Echocardiography 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) リアルタイム3D超音波装置 / Realtime 3D Echocardiography  
キーワード(2)(和/英) 僧帽弁輪 / Mitral annulus  
キーワード(3)(和/英) 立体構造 / 3D structure  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大木 隆弘 / Takahiro Ohki / オオキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 川崎医療福祉大学 (略称: 川崎医療福祉大)
Kawasaki Medical Welfare University (略称: Kawasaki MW Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 望 / Nozomi Watanabe / ワタナベ ノゾミ
第2著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School (略称: Kawasaki Medical School)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 赤阪 隆史 / Takashi Akasaka / アカサカ タカシ
第3著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School (略称: Kawasaki Medical School)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 清 / Kiyoshi Yoshida / ヨシダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School (略称: Kawasaki Medical School)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 康夫 / Yasuo Ogasawara / オガサワラ ヤスオ
第5著者 所属(和/英) 川崎医科大学 (略称: 川崎医科大)
Kawasaki Medical School (略称: Kawasaki Medical School)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-29 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2005-34 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.221 
ページ範囲 pp.47-50 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2005-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会