お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-28 00:00
[技術展示]複数の周波数帯に対応するMEMSを用いた高効率電力増幅器
楢橋祥一岡崎浩司福田敦史河合邦浩NTTドコモ
抄録 (和) さまざまな無線システムが混在・共存することが予想される将来の無線環境下においては,携帯端末はそれらすべてに対応することが期待される.そのような将来の携帯端末の一つの課題は,RF回路の複数の周波数帯への対応(マルチバンド化)である.RF回路の中でもマルチバンド化が困難であった高効率電力増幅器(Power Amplifier; PA)のマルチバンド化の手法として,ここでは,提案されているMEMSスイッチを用いた帯域切替型整合回路(Band-Switchable Matching Network; BS-MN),およびBS-MNを用いたマルチバンドPAについて述べる.さらに提案構成による1W級900MHz/1900MHz帯デュアルバンドPAの試作結果についても示す.試作結果によれば,900MHz帯で最大電力付加効率(Power-Added Efficiency; PAE)67%,1900MHz帯で最大PAE63%が,それぞれ得られている. 
(英) In a future mobile ubiquitous world, all kinds of things will be connected as needed to form wireless networks that should arise frequently and simultaneously while changing continuously. Future mobile terminals will operate in the wireless environment in which a variety of wireless systems coexist and intermingle, and they will be expected to be available for all of those systems. Because a radio frequency (RF) circuit is an essential element of a mobile terminal, multi-band RF circuits have been researched. It is difficult for a power amplifier (PA), a key device of an RF circuit, to operate at multiple frequency bands with adequate performance. This paper describes a novel scheme for a multi-band PA that employs a low-loss reconfigurable matching network. A 900 MHz/1900 MHz dual-band, 1W class PA was fabricated with micro-electro-mechanical-system (MEMS) SPST switches. The dual-band PA achieves over 60% of the maximum power-added efficiency with an output power for each band exceeding 30 dBm.
キーワード (和) モバイルユビキタス / 帯域切替型整合回路 / MEMSスイッチ / 電力増幅器 / / / /  
(英) mobile ubiquitous / band-switchable matching network / MEMS switch / power amplifier / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 217, SR2005-45, pp. 159-162, 2005年7月.
資料番号 SR2005-45 
発行日 2005-07-21 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 SR  
開催期間 2005-07-28 - 2005-07-29 
開催地(和) YRP 
開催地(英) Yokosuka Research Park 
テーマ(和) 技術展示,パネル討論,無線信号処理実装,一般 
テーマ(英) Technical Exhibition, Panel Discussion, Signal Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2005-07-SR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) [技術展示]複数の周波数帯に対応するMEMSを用いた高効率電力増幅器 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Band Reconfigurable High Efficiency Power Amplifier Employing RF-MEMS Switches 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイルユビキタス / mobile ubiquitous  
キーワード(2)(和/英) 帯域切替型整合回路 / band-switchable matching network  
キーワード(3)(和/英) MEMSスイッチ / MEMS switch  
キーワード(4)(和/英) 電力増幅器 / power amplifier  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第1著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 浩司 / Hiroshi Okazaki / オカザキ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 敦史 / Atsushi Fukuda / フクダ アツシ
第3著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河合 邦浩 / Kunihiro Kawai / カワイ クニヒロ
第4著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-28 00:00:00 
発表時間  
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2005-45 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.217 
ページ範囲 pp.159-162 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SR-2005-07-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会