お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-22 14:50
Topology and Traffic Aware Channel Assignment for Layer-2 Mesh Networks
Kengo YagyuAtsushi FujiwaraShinji TakedaKoji OmaeHidenori AokiYoichi MatsumotoNTT DoCoMo
抄録 (和) 本稿ではメッシュネットワークにおけるチャネル割り当て法について検討する。メッシュネットワークの構成に802.11の無線LANの使用を考える場合、各ノードは複数の独立した無線チャネルを使用する事ができるため、接続性を担保することや、キャパシティを向上するためには適切なチャネルの選択が重要となる。本稿では、メッシュネットワークにおけるチャネル選択の問題点や重要性について述べた後、メッシュネットワークの接続性を確保するためのチャネル選択法およびキャパシティを増大させるチャネル選択を可能とするフレームワークおよびアルゴリズムを提案し、実験により本手法の有効性を示す。 
(英) This paper proposes a channel assignment technique suitable for the IEEE802.11-based mesh networks. Given the multiple orthogonal channels for IEEE802.11 systems, it is effective in improving the system capacity for each mesh node to select an appropriate channel, while ensuring connectivity to other mesh nodes. We addresses the importance of dynamic channel assignment in a distributed manner and describes a channel assignment technique that enhances the system capacity significantly, ensures the network connectivity. The proposed technique is verified with experimental results obtained by a practical hardware simulator.
キーワード (和) メッシュネットワーク / IEEE 802.11 / 自律分散制御 / チャネル割り当て / チャネル統合 / 部分的チャネル変更 / /  
(英) Mesh network / IEEE 802.11 / distributed control / channel assignment / channel unification / partial channel switching / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 196, RCS2005-61, pp. 127-132, 2005年7月.
資料番号 RCS2005-61 
発行日 2005-07-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2005-07-21 - 2005-07-22 
開催地(和) 岡山大学(津島キャンパス) 
開催地(英) Okayama Univ.(Tsushima Campus) 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク,ネットワーク制御,無線通信,モバイルネットワーキング,Mobile IP,一般(予定) 
テーマ(英) Mobile Networks, Mobile IP, Wireless Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2005-07-NS-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Topology and Traffic Aware Channel Assignment for Layer-2 Mesh Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) メッシュネットワーク / Mesh network  
キーワード(2)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(3)(和/英) 自律分散制御 / distributed control  
キーワード(4)(和/英) チャネル割り当て / channel assignment  
キーワード(5)(和/英) チャネル統合 / channel unification  
キーワード(6)(和/英) 部分的チャネル変更 / partial channel switching  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳生 健吾 / Kengo Yagyu / ヤギュウ ケンゴ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 淳 / Atsushi Fujiwara / フジワラ アツシ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹田 真二 / Shinji Takeda / タケダ シンジ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大前 浩司 / Koji Omae / オオマエ コウジ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 秀憲 / Hidenori Aoki / アオキ ヒデノリ
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 洋一 / Yoichi Matsumoto / マツモト ヨウイチ
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DoCoMo, Inc. (略称: NTT DoCoMo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-22 14:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2005-61 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.196 
ページ範囲 pp.127-132 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2005-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会