電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-22 13:50
電子透かしにおける秘匿容量の計算方法に関する研究
安井謙介須子統太松嶋敏泰早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 画像・音声・動画などのディジタルコンテンツの著作権を保護する技術の1つと
して電子透かしがある.電子透かしは著作者に関する情報(透かし)を知覚出来
ない形でコンテンツに埋め込むことで著作権の保護を行う技術である.
電子透かしの問題の一つとして,圧縮や信号処理などの変換を受けたあと誤りなく復元できる透かしの情報量(秘匿容量)をいかにして多くするかという問題がある.
Moulinらは,電子透かしを情報理論的に解析し秘匿容量を求めたが,関数形で求めているだけで実際に秘匿容量を数値計算する方法は示されていない.そこで,本研究ではMoulinらが用いた電子透かしのモデルにおいて攻撃者に仮定をおくことにより,有本,BlahutやHeegardらにより提案された通信路容量の計算手法を応用し,秘匿容量の下界を実際に数値計算する手法を提案する. 
(英) Digital watermarking is one of the techniques to protect copyright ownership of digital contents such as images, audio, and video. Watermarking protects copyright ownership by hiding information related to author (watermark) within contents on the condition that it is imperceptible. One of the problems of watermarking is how we increase reliable information of watermark after suffering data compression, signal processing, etc. (information hiding capacity). Moulin formalized watermarking by information theoretic analysis and obtained information hiding capacity. But he didn't calculate it numerically. In this paper, we propose an algorithm to calculate a lower bound of information hiding capacity by changing attacker's assumption in Moulin's model of watermarking.
キーワード (和) 秘匿容量 / 電子透かし / 通信路容量 / 数値計算 / / / /  
(英) Information Hiding Capacity / Digital Watermarking / Channel Capacity / Numerical Calculation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 191, IT2005-47, pp. 29-34, 2005年7月.
資料番号 IT2005-47 
発行日 2005-07-15 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2005-07-21 - 2005-07-22 
開催地(和) 大阪府大 
開催地(英) Osaka Prefecture Univ. 
テーマ(和) フレッシュマン、一般 
テーマ(英) fresshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2005-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子透かしにおける秘匿容量の計算方法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Calculating Information Hiding Capacity of Digital Watermarking 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 秘匿容量 / Information Hiding Capacity  
キーワード(2)(和/英) 電子透かし / Digital Watermarking  
キーワード(3)(和/英) 通信路容量 / Channel Capacity  
キーワード(4)(和/英) 数値計算 / Numerical Calculation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安井 謙介 / Kensuke Yasui / ヤスイ ケンスケ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須子 統太 / Tota Suko / スコ トウタ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-22 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2005-47 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.191 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2005-07-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会