お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-21 13:50
内部不正者を考慮した墨塗り箇所変更可能方式の提案
増渕孝延中村 創石井真之小川典子鹿志村浩史佐々木良一東京電機大
抄録 (和) 署名付き文書は,必ずしも署名したときのまま利用されるとは限らない.例えば,行政文書が情報公開制度に基づき開示される際,そこに記述された個人情報や国家安全情報は通常「墨塗り」された上で開示される.この一連の手続きを従来の電子署名技術を用いて実現しようとした場合,保管時に付与した署名が,その文書の一部を秘匿することによって検証できなくなる問題を「電子文書墨塗り問題」と呼び,これに対応可能な電子文書の真正性保障技術[4]が提案されている.本稿では「墨塗り」された箇所に対して,変更要求が生じた事態を想定し,変更要求に対応可能な墨塗り技術の提案を行う.また,内部不正者を想定した署名付き文書の管理に関する一考察を行う. 
(英) Digital signatures do not allow any alteration of a document. However, for some signed documents ”appropriate” alteration should be allowed when other security concerns arise. Disclosure of official information is a typical example of this. Such sensitive information as private information, when it is disclosed, should be sanitized from the original digitally signed document. “The digital document sanitizing problem” occurs when the signed document cannot be verified since part of the signed document is concealed. The already proposed sanitizing scheme[4] can solve the digital document sanitizing problem. In this paper we assume the acceptance of a suggestion to change the sanitizing phrase. We proposed on SUMI coating method which can change the coating parts to protect against insider attacks.
キーワード (和) 電子署名 / 情報公開 / プライバシー保護 / 変更要求 / 内部不正者 / / /  
(英) digital signature / information disclosure / privacy issue / change request / insider attacks / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 193(ISEC), 192(SITE), ISEC2005-33, SITE2005-31, pp. 179-186, 2005年7月.
資料番号  
発行日 2005-07-14 (ISEC, SITE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ISEC IPSJ-CSEC SITE  
開催期間 2005-07-21 - 2005-07-22 
開催地(和) 岩手県立大学 
開催地(英) Iwate Prefectural University 
テーマ(和) 一般.情報処理学会CSEC研究会との共催,ICSS協賛 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IPSJ-CSEC 
会議コード 2005-07-ISEC-IPSJ-CSEC-SITE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 内部不正者を考慮した墨塗り箇所変更可能方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal on Sumi coating method which can change the coating parts to protect against insider attacks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電子署名 / digital signature  
キーワード(2)(和/英) 情報公開 / information disclosure  
キーワード(3)(和/英) プライバシー保護 / privacy issue  
キーワード(4)(和/英) 変更要求 / change request  
キーワード(5)(和/英) 内部不正者 / insider attacks  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増渕 孝延 / Takanobu Masubuchi / マスブチ タカノブ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 創 / Hajime Nakamura / ナカムラ ハジメ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 真之 / Saneyuki Ishii / イシイ サネユキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 典子 / Noriko Ogawa / オガワ ノリコ
第4著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿志村 浩史 / Hiroshi Kashimura / カシムラ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 良一 / Ryoichi Sasaki / ササキ リョウイチ
第6著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-21 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IPSJ-CSEC 
資料番号 IEICE-ISEC2005-33,IEICE-SITE2005-31 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.193(ISEC), no.192(SITE) 
ページ範囲 pp.179-186 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ISEC-2005-07-14,IEICE-SITE-2005-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会