お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-07-15 11:00
通信放送融合サービスにおける同時大量トラヒックを対象とした適応的遅延発呼制御方式の実機評価
小頭秀行古屋裕規中村 元KDDI研
抄録 (和) 通信放送融合サービスでは,災害やイベント,番組などを契機として突発的に大量発生するトラヒック(同時大量トラヒック)が観測される.
筆者らはこれまでに,通信放送融合サービスを対象として,視聴者からの送信タイミングを通信ネットワークやサーバの負荷状態に応じて適応的に遅延させる適応的遅延発呼制御方式を提案し,計算機シミュレーションによる評価を実施してきた.
この度,提案方式の特性と同時大量トラヒック発生環境下の通信プロトコルやサーバ処理の挙動を実機上で評価することを目的として,数十万規模のユーザアクセスをエミュレート可能なテストベッドを開発した.
本稿では,提案方式の発呼制御による効果について,テストベッド上での実験結果を基に定量的な評価を行う. 
(英) This paper experimentally evaluates the performance of adaptive control method of delayed transmission for massive and intensive telecommunication traffic expected in communication-broadcasting integrated services.
The method adaptively delays data transmissions from TV viewers depending on the congestion states, so that the severe congestion can be avoided.
The authors’ previous study demonstrated its fundamental effectiveness through computer simulation.
The present study, as a sequel to it, evaluates the performance of the method through experiments on a test bed.
The test bed consists of approximately 100 terminals each of which can emulate thousands of TV viewers.
The experiments on the test bed, as opposed to the computer simulation, can take account of the detailed behavior of protocols and server processes.
The obtained results quantitatively demonstrate the performance of the adaptive control method and its adaptiveness under various traffic
conditions.
キーワード (和) 通信放送融合サービス / 同時大量トラヒック / 輻輳制御 / 適応的遅延発呼 / TCP / / /  
(英) Communication-Broadcasting Integrated Services / Massive and Intensive Traffic / Congestion Control / Adaptive Control Method of Delayed Transmission / TCP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 178, IN2005-45, pp. 97-102, 2005年7月.
資料番号 IN2005-45 
発行日 2005-07-07 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IN  
開催期間 2005-07-14 - 2005-07-15 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) ブロードバンドサービス,CDN/P2P/Gridなどのオーバーレイネットワーキング技術および一般 
テーマ(英) Broadband Service, Overlay Networking 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2005-07-IN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 通信放送融合サービスにおける同時大量トラヒックを対象とした適応的遅延発呼制御方式の実機評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Evaluation of Adaptive Control Method of Delayed Transmission for Massive and Intensive Traffic in Communication-Broadcasting Integrated Services 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 通信放送融合サービス / Communication-Broadcasting Integrated Services  
キーワード(2)(和/英) 同時大量トラヒック / Massive and Intensive Traffic  
キーワード(3)(和/英) 輻輳制御 / Congestion Control  
キーワード(4)(和/英) 適応的遅延発呼 / Adaptive Control Method of Delayed Transmission  
キーワード(5)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小頭 秀行 / Hideyuki Koto / コトウ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古屋 裕規 / Hiroki Furuya / フルヤ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 元 / Hajime Nakamura / ナカムラ ハジメ
第3著者 所属(和/英) KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories (略称: KDDI Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-07-15 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2005-45 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.178 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2005-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会