電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-06-29 17:15
SARインターフェロメトリ双子衛星システム(SIDUSS) ~ 地震火山国の宇宙機関として実施すべき将来ミッションは何か ~
児玉哲哉JAXA
抄録 (和) SIDUSSは、火山噴火及び地震に伴う地殻変動の検出を目的に、同一軌道上に1組(2機)のSAR衛星を配置することによって、高精度・高頻度のインターフェロメトリ観測を実現する衛星システムである。SIDUSSの極めてシンプルなシステム構成により、短期間・低コストでの製造が可能である。 
(英) SIDUSS (SAR Interferometry Dual Satellite System) is designed for frequent interferometry observation by using two identical satellites. This paper presents conceptual design results of SIDUSS, which is very simple and effective configuration to realize low-cost and short-time development.
キーワード (和) SIDUSS / SARインターフェロメトリ / LバンドSAR / Dawn Dusk Orbit / フォーメーションフライト / / /  
(英) SIDUSS / InSAR / L-band SAR / Dawn Dusk Orbit / Formation Flight / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 158, SANE2005-30, pp. 63-66, 2005年6月.
資料番号 SANE2005-30 
発行日 2005-06-22 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2005-06-29 - 2005-06-30 
開催地(和) JAXA(筑波) 
開催地(英) JAXA(Tsukuba) 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム -災害監視衛星特集- 
テーマ(英) Space Applications Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2005-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) SARインターフェロメトリ双子衛星システム(SIDUSS) 
サブタイトル(和) 地震火山国の宇宙機関として実施すべき将来ミッションは何か 
タイトル(英) Current Status of SAR Interferometry Dual Satellite Systems (SIDUSS) 
サブタイトル(英) What's the future mission as a space agency in the earthquake and volcano country? 
キーワード(1)(和/英) SIDUSS / SIDUSS  
キーワード(2)(和/英) SARインターフェロメトリ / InSAR  
キーワード(3)(和/英) LバンドSAR / L-band SAR  
キーワード(4)(和/英) Dawn Dusk Orbit / Dawn Dusk Orbit  
キーワード(5)(和/英) フォーメーションフライト / Formation Flight  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 哲哉 / Tetsuya Kodama / コダマ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構宇宙利用推進本部システム技術開発部 (略称: JAXA)
Satellite Operations Systems Engineering Department, JAXA (略称: SOSED, JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-06-29 17:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2005-30 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.158 
ページ範囲 pp.63-66 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2005-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会