電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-06-29 16:00
防災利用のための衛星リモートセンシング ~ Jers1sarを用いたメコンデルタの水害地形分類図作成について ~
春山成子東大)・志田 健富士通
抄録 (和) 本研究では湿潤熱帯地域の洪水動態の空間解析に有効なJERS-1 SARデータを用い,ベトナム南部メコンデルタを対象にして1994年から1998年までの雨期の湛水域を抽出して、平野の微地形特性と洪水との対応関係について分析を行った。使用したデータはJERS-1 SARであるがこの幾何補正,スペックルノイズ除去,リサンプリングなどの処理にはGISソフトTNTmipsを使用し、画像にはフイルタリングを施した上で地形ユニットごとの後方散乱係数(NRCS)を計算した。この結果、当該地域における5年間の湛水域の抽出から、メコンデルタの洪水時の氾濫水動態はデルタ微地形に応答していたことがわかった。また、後方散乱係数(NRCS)がメコンデルタの地形ユニットと対応することが明らかになった。 
(英) Processing JERS-1/SAR data includes geo-reference, noise reduction, re-sampling and calculation of Normalized Radar Cross Section(NRCS) were carried out by TNT mips (Microimages Inc.). Visualizing the flooded area in the Mekong delta was performed and flood dynamics were discussed. The relation between NRCS and geomorphology was cleared by field investigation and geomorphologic map was draw up based on the relation. After flood risk was evaluated as four level, the flood risk map was created by visualizing the evaluation. The difference of NRCS of JERS-1/SAR is calculated before and behind a flood, the flooded area is visualized that the difference was lower than -1.8(dB). This value (-1.8dB) was defined by field investigation. The flooded area maps of 1995, 1997 and 1998 were created (Fig.1). Flooded area computed by this method was well in agreement with the flooded area map created by JERS-1/OPS(VNIR) picture, the validity of the method shown by this research was proved. It turns out that flooded area is specified to the discharge of the Mekong River. The relation between NRCS and geomorphology is clarified by field investigations, and then the detail geomorphologic map in the Mekong delta was created referenced the relation, geomorphologic map and previous researches.
キーワード (和) メコンデルタ / JERS / 洪水 / 地形 / / / /  
(英) Mekong Delta / JERS / flooding / geomorphology / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 158, SANE2005-27, pp. 51-54, 2005年6月.
資料番号 SANE2005-27 
発行日 2005-06-22 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2005-06-29 - 2005-06-30 
開催地(和) JAXA(筑波) 
開催地(英) JAXA(Tsukuba) 
テーマ(和) 宇宙応用シンポジウム -災害監視衛星特集- 
テーマ(英) Space Applications Symposium 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2005-06-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 防災利用のための衛星リモートセンシング 
サブタイトル(和) Jers1sarを用いたメコンデルタの水害地形分類図作成について 
タイトル(英) Remote sensing for Mitigation of Natural Hazard 
サブタイトル(英) Geomorphologic Land Classification Map Showing FloodAffected Lowland utilizing of JERS 1 SAR of the Mekong River Delta 
キーワード(1)(和/英) メコンデルタ / Mekong Delta  
キーワード(2)(和/英) JERS / JERS  
キーワード(3)(和/英) 洪水 / flooding  
キーワード(4)(和/英) 地形 / geomorphology  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 成子 / Shigeko Haruyama / ハルヤマ シゲコ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The Univ. of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 志田 健 / Ken Shida / シダ ケン
第2著者 所属(和/英) 富士通 (略称: 富士通)
Fujitsu (略称: Fujitsu)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-06-29 16:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2005-27 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.158 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SANE-2005-06-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会