お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-06-27 13:50
有界実関数を用いた変数変換に対する線形離散時間システムの2次モードの性質について
越田俊介阿部正英川又政征東北大
抄録 (和) 本稿では,変数変換によって得られる線形離散時間システムの2次モードの性質について議論する.Mullisらは,無損失有界実関数すなわち全域通過関数を用いた変数変換に対して2次モードの値は変化しないことを証明している.これに対し本稿では,損失性を有する任意の有界実関数を用いた変数変換を対象として議論し,このような変数変換に対して2次モードの値は減少するという性質を明らかにする.この性質の数学的な証明は,変数変換によって得られるシステムにおける状態空間表現の記述および離散時間システムの有界実補題を利用することによって与えられる. 
(英) This paper discusses the property of the second-order modes of discrete-time systems under variable transformation. Mullis and Roberts discovered that the second-order modes of discrete-time systems are invariant under variable transformation of any lossless bounded-real function, i.e. allpass function. This paper extends their theory to the case of the variable transformation of lossy function and reveals a novel property of the second-order modes under such variable transformation: it is proved that the values of the second-order modes are decreased under variable transformation of any lossy bounded-real function. The proof of this property is achieved with the help of the state-space representation of transformed discrete-time systems and the discrete-time bounded-real lemma.
キーワード (和) 状態空間表現 / グラミアン / 2次モード / 変数変換 / 有界実補題 / / /  
(英) state-space representation / Gramian / second-order mode / variable transformation / bounded-real lemma / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 149, SIP2005-32, pp. 43-48, 2005年6月.
資料番号 SIP2005-32 
発行日 2005-06-20 (CAS, VLD, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 CAS SIP VLD  
開催期間 2005-06-27 - 2005-06-28 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku University 
テーマ(和) 信号処理、LSI、及び一般 
テーマ(英) Signal Processing, LSI, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2005-06-CAS-SIP-VLD 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 有界実関数を用いた変数変換に対する線形離散時間システムの2次モードの性質について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Property of the Second-Order Modes of Linear Discrete-Time Systems under Variable Transformation of Bounded-Real Function 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 状態空間表現 / state-space representation  
キーワード(2)(和/英) グラミアン / Gramian  
キーワード(3)(和/英) 2次モード / second-order mode  
キーワード(4)(和/英) 変数変換 / variable transformation  
キーワード(5)(和/英) 有界実補題 / bounded-real lemma  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 越田 俊介 / Shunsuke Koshita / コシタ シュンスケ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 正英 / Masahide Abe / アベ マサヒデ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川又 政征 / Masayuki Kawamata / カワマタ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-06-27 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2005-8,IEICE-VLD2005-19,IEICE-SIP2005-32 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.145(CAS), no.147(VLD), no.149(SIP) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2005-06-20,IEICE-VLD-2005-06-20,IEICE-SIP-2005-06-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会