電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-06-24 14:25
異径高次直列結合マイクロリング共振器のクロストーク低減のための最適配列法
五江渕裕太加藤智行國分泰雄横浜国大エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2005-21 LQE2005-20
抄録 (和) マイクロリング共振器型Add/DropフィルタのFSRを20nm以上にするには,異径リングの直列結合によるバーニア効果が有効である.そこで,半径の異なる2種類のリング共振器を4次直列結合させ,リング共振器の配置によるフィルタ特性の差異を解析した.その結果,グループ化した非対称配列の方がクロストークを低減できることを明らかにして,またその配置が最適になる物理的理由を明らかにした.さらに,FSR拡大率と隣接チャネルクロストークの関係を明らかにした. 
(英) Series coupling of microring resonators with differenct ring radii is effective to expand the FSR to be greater than 20nm owing to the Vernier effect. In this study, we analyzed the dependence of filter response of quadruple series coupled microring with two different ring radii on the arrangement of ring radii. As a result, it was found that the asymmetric arrangement can reduce the crosstalk compared with symmetric and antisymmetric arrangements, and the physical meaning of the optimum arrangement was made clear. In addition, the dependence of adjacent channel crosstalk on the FSR expansion factor was obtained.
キーワード (和) マイクロリング共振器 / 直列結合 / クロストーク / リング半径 / 共振器の配列 / / /  
(英) microring resonator / series coupling / crosstalk / ring radius / resonator arrangemen / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 142, OPE2005-21, pp. 35-40, 2005年6月.
資料番号 OPE2005-21 
発行日 2005-06-17 (OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE OPE  
開催期間 2005-06-24 - 2005-06-24 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 量子効果型光デバイス,光集積化技術,及び一般 (材料デバイスサマーミーティング) 
テーマ(英) Quantum Effect Optical Devices and Photonic Integrations (ES Summer Meeting of Materials and Devices) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2005-06-LQE-OPE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 異径高次直列結合マイクロリング共振器のクロストーク低減のための最適配列法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimum arrangement of high-order series coupled microring resonator for crosstalk reduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロリング共振器 / microring resonator  
キーワード(2)(和/英) 直列結合 / series coupling  
キーワード(3)(和/英) クロストーク / crosstalk  
キーワード(4)(和/英) リング半径 / ring radius  
キーワード(5)(和/英) 共振器の配列 / resonator arrangemen  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 五江渕 裕太 / Yuta Goebuchi / ゴエブチ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama national University (略称: Yokohama National Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智行 / Tomoyuki Kato / カトウ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama national University (略称: Yokohama National Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 國分 泰雄 / Yasuo Kokubun / コクブン ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama national University (略称: Yokohama National Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-06-24 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OPE2005-21,IEICE-LQE2005-20 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.142(OPE), no.143(LQE) 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OPE-2005-06-17,IEICE-LQE-2005-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会