お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-06-10 10:10
携帯端末による電車車輌内電磁界分布の詳細検討 ~ 複数波源モデルと内壁部材質の影響 ~
鷲見勇紀日景 隆野島俊雄大宮 学北大)・渡辺聡一篠塚 隆NICT
抄録 (和) 電車車輌内に設置された携帯端末による車輌内電磁界分布について明らかにする.時間領域差分(FDTD)法は時間領域で電磁界の振る舞いを直接求める解析手法である.解析アルゴリズムおよびプログラミングが容易なことから,高周波におけるアンテナおよびデバイスの解析・設計等に利用されている.FDTD法は周囲環境,損失性媒質および分散性媒質などを取り扱うことが可能であり,これらの検討要求に対して有効である.本報告においては,車輌内電磁界分布の高精度な解析を目的として,電車車輌内に複数の壁部材質を適用したモデルについて検討する.さらに,その解析結果を従来検討されている金属表面のみの解析モデルの場合と比較検討し,車輌内壁部材質の電磁界分布に対する影響を明らかにする.車輌内には,複数の人体を配置し,その近傍に設置された携帯端末を考慮する.また,電界強度分布の評価には,ヒストグラムを用いる. 
(英) The EMF distributions excited in the actual train carriage are precisely estimated by using a large-scale parallel FDTD technique. Moreover, it is assume in the analysis that the inner surface of train carriage body is covered by two kinds of non-metallic material or perfectly conductive walls and train carriage contains many human bodies and cellular radios. In addition, a simple histogram estimation method for electric field strength in whole area of the train carriage is employed in order to deal with the complicated electromagnetic field distributions.
キーワード (和) 準閉空間内電磁界 / 大規模並列計算 / FDTD法 / ヒストグラム / / / /  
(英) EMF in semi-echoic environment / large-scale parallel computation / FDTD method / histograms / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 107, EMCJ2005-31, pp. 61-64, 2005年6月.
資料番号 EMCJ2005-31 
発行日 2005-06-02 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EMCJ  
開催期間 2005-06-09 - 2005-06-10 
開催地(和) 北海道大学学術交流会館 
開催地(英) Hokkaido University 
テーマ(和) 生体EMC/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2005-06-EMCJ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 携帯端末による電車車輌内電磁界分布の詳細検討 
サブタイトル(和) 複数波源モデルと内壁部材質の影響 
タイトル(英) A study of the EMF in realistic train carriage model due to the portable radio terminals 
サブタイトル(英) Multiple wave sources model and effects of the inside wall materials 
キーワード(1)(和/英) 準閉空間内電磁界 / EMF in semi-echoic environment  
キーワード(2)(和/英) 大規模並列計算 / large-scale parallel computation  
キーワード(3)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(4)(和/英) ヒストグラム / histograms  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲見 勇紀 / Yuki Sumi / スミ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido Univercity (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 日景 隆 / Takashi Hikage / ヒカゲ タカシ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido Univercity (略称: Hokkaido Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野島 俊雄 / Toshio Nojima / ノジマ トシオ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido Univercity (略称: Hokkaido Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大宮 学 / Manabu Omiya / オオミヤ マナブ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido Univercity (略称: Hokkaido Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 聡一 / Soichi Watanabe / ワタナベ ソウイチ
第5著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠塚 隆 / Takashi Shinozuka / シノヅカ タカシ
第6著者 所属(和/英) 独立行政法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-06-10 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2005-31 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.107 
ページ範囲 pp.61-64 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMCJ-2005-06-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会