電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-25 10:30
マルチプロセッサ向けルータアルゴリズムに関する検討
清水敬司尾花和昭NTT)・高原 厚NTTビズリンク)・小口喜美夫成蹊大
抄録 (和) 近年のハイエンドルータでは、機能追加の柔軟性と高速性を両立すべく、ソフトウェアにより機能変更が可能なマルチプロセッサシステムが利用されている。ところが、実装されているルータアルゴリズムのほとんどは、元来単一プロセッサ向けに設計されたものである。
そこで本研究では、パケット処理プロセッサの概略モデルと、その上に実装するルータアルゴリズムについて検討を行う。特にTCP/UDPフローを意識したパケット処理を行うフローベースアルゴリズムに着目し、並列処理による性能向上を阻害する要素を明らかにする。
公平な帯域共有を行いながら、高い帯域を利用しようとするフローにペナルティーを与えることができるフローベースのAQMプロトタイプ実装とその評価の結果を示し、マルチプロセッサ向きのアルゴリズムをいかに設計できるかについて議論する。 
(英) This paper studies router algorithms in the context of executing them on multiprocessor systems, which are becoming increasingly common in modern high-speed Internet routers.
By modelling the unique environment that is provided by such multiprocessor systems, we identify a couple of design issues for the successful parallel execution of router algorithms, especially by exploring flow-level parallelism. The successful execution depends on the level of concurrency in algorithms, and concurrency is restricted by access contention for shared data resources. We show how flow-level parallelization can reduce access contention, and how we can design multiprocessor-oriented router algorithms.
As an example, we describe the MXQ algorithm, an flow-based AQM algorithm, that is efficiently realized on a multiprocessor system. The real implementation on a real high-speed multiprocessor-based router, and the results of the experiments in a laboratory testbed show that the algorithm can scale well up to tens of thousands of flows at the line rate of 10 Gb/s.
キーワード (和) パケットプロセッサ / 並列処理 / パラレルMXQ / アクティブキューマネージメント / / / /  
(英) Packet Processor / Parallel Processing / Parallel MXQ / Active Queue Management / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 79, IA2005-1, pp. 1-6, 2005年5月.
資料番号 IA2005-1 
発行日 2005-05-18 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2005-05-25 - 2005-05-25 
開催地(和) 名古屋大学(東山キャンパス) 
開催地(英) Nagoya Univerisity (Higashiyama Campus) 
テーマ(和) インターネットおよび一般 (ITRC共催) 
テーマ(英) Internet, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2005-05-IA 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) マルチプロセッサ向けルータアルゴリズムに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Router Algorithms for Multiprocessor-based Internet Rouyers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パケットプロセッサ / Packet Processor  
キーワード(2)(和/英) 並列処理 / Parallel Processing  
キーワード(3)(和/英) パラレルMXQ / Parallel MXQ  
キーワード(4)(和/英) アクティブキューマネージメント / Active Queue Management  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 敬司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾花 和昭 / Kazuaki Obana / オバナ カズアキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高原 厚 / Atsushi Takahara / タカハラ アツシ
第3著者 所属(和/英) NTTビズリンク株式会社 (略称: NTTビズリンク)
NTT BizLink Coporation (略称: NTT Bizlink)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小口 喜美夫 / Kimio Oguchi / オグチ キミオ
第4著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-25 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2005-1 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.79 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2005-05-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会