電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-24 09:50
Two-Stage Random Access for Multihop Systems
Yoichiro MizunoRyo HasegawaRiaz EsmailzadehMasao NakagawaKeio Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第4世代移動体通信の主な特徴は高速伝送である.一方で,周波数不足による利用周波数の高周波化によって距離減衰が大きくなる問題がある.その結果,より大きな送信電力が必要になる.移動端末には送信電力制限がある為,特に上りリンクにおいて問題となる.本論文では,マルチホップシステムにおいてランダムアクセスの問題を検討する.マルチホップシステムにおいては,二段階のランダムアクセスが必要である.CDMAとSlotted-ALOHAを組み合わせたアクセス方式において検討する.最初に,マルチホップシステムにおける基本特性を評価する.そして,基地局と中継局の間に一定スロット間隔で専用タイムスロットを割り当てることを提案する.提案システムにおけるスループットと遅延の両特性が改善されることを計算機シミュレーションによって示す. 
(英) Higher transmission rates are major characteristics of the so-called Fourth generation (4G) of mobile communications. Furthermore, operating at higher frequency bands means larger distance decay. These result in larger required transmission power. This causes problems particularly for uplink communications as a typical mobile station (MS) has a limitted transmssion power. Multihop systems have been proposed to address this problem. In this paper, we consider the issue of random-access (RA) in the multihop systems. A two-hop mobile communication system requires a two-stage RA. In this paper, we investigate a hybrid of code division multiple access (CDMA) and Slotted-ALOHA for RA. We evaluate the basic performance in multihop systems, and propose hop station (HS)-(BS) dedicated interval slots allocation. Simulations are performed to demonstrate superior throughput-delay performance of a two-stage RA multihop system, including our proposed interval slots allocation (ISsA) technique.
キーワード (和) 第4世代移動体通信 / マルチホップシステム / ランダムアクセス / CDMA / Slotted-ALOHA / / /  
(英) 4G / multihop systems / random access / CDMA / Slotted-ALOHA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 75, CS2005-7, pp. 37-42, 2005年5月.
資料番号 CS2005-7 
発行日 2005-05-16 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN CS OCS  
開催期間 2005-05-23 - 2005-05-24 
開催地(和) ホテルムーンビーチ(沖縄) 
開催地(英) Hotel Moonbeach (Okinawa) 
テーマ(和) MPλ(Lambda)S、フォトニックネットワーク/制御、光波長変換、スイッチング、一般 
テーマ(英) MPLambdaS, Photonic Network and Control, Wavelength Conversion, Photonic Switching, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2005-05-PN-CS-OCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Two-Stage Random Access for Multihop Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 第4世代移動体通信 / 4G  
キーワード(2)(和/英) マルチホップシステム / multihop systems  
キーワード(3)(和/英) ランダムアクセス / random access  
キーワード(4)(和/英) CDMA / CDMA  
キーワード(5)(和/英) Slotted-ALOHA / Slotted-ALOHA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 陽一郎 / Yoichiro Mizuno / ミズノ ヨウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亮 / Ryo Hasegawa / ハセガワ リョウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) エスマイルザデ リアズ / Riaz Esmailzadeh / エスマイルザデ リアザ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 正雄 / Masao Nakagawa /
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-24 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2005-7 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.75 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2005-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会