電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-24 13:30
[招待講演]波長多重システムにおける分布ラマン光増幅中継技術のインパクト
増田浩次富沢将人宮本 裕萩本和男NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 分布ラマン増幅(DRA)技術が長距離・大容量伝送システムに与えるインパクトについて、高SNR化の観点から述べている。すなわち、顕著な高SNR化をもたらす同技術の特色とトレンド、我々が提案するDRAシステムの基本構成(DRA/EDFAハイブリッド構成)、及び高パワ励起光に関する安全の視点を示している。また、そのDRAシステムのメリットである光SNR改善量、その伝送ファイバ(DSFとSMF)依存性、及びDSFのSMFに対する優位性(約2 – 3 dB)が具体的に示されている。さらに、DSF上のL帯WDM信号光とDRAを用いたフィールド伝送実験により、高いラマン利得と良好な伝送特性が確認されている。 
(英) The impacts of distributed Raman amplification (DRA) technologies upon long-haul and large-capacity transmission systems are described in this paper. We show the features and trend of the technologies, which technologies are able to offer us a significant enhancement of SNR, the basic configuration of our proposed DRA system (DRA/EDFA hybrid configuration), and the safety aspects on high pump power. We also shows in detail the optical SNR improvements as the merits of the DRA systems, transmission fiber (DSF and SMF) dependence characteristics of the improvements, and the degrees of advantage of DSF over SMF (~2 – 3 dB). Further, high Raman gains and high-performance transmission characteristics have been confirmed in the field experiments employing the L-band WDM signals over DSF.
キーワード (和) 波長多重システム / 高速・大容量伝送 / 光増幅中継 / 分布ラマン増幅 / 敷設ファイバ / / /  
(英) WDM system / high-speed/large-capacity transmission / inline optical repeater / distributed Raman amplification / installed fiber / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 76, OCS2005-23, pp. 67-72, 2005年5月.
資料番号 OCS2005-23 
発行日 2005-05-16 (CS, OCS, PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN CS OCS  
開催期間 2005-05-23 - 2005-05-24 
開催地(和) ホテルムーンビーチ(沖縄) 
開催地(英) Hotel Moonbeach (Okinawa) 
テーマ(和) MPλ(Lambda)S、フォトニックネットワーク/制御、光波長変換、スイッチング、一般 
テーマ(英) MPLambdaS, Photonic Network and Control, Wavelength Conversion, Photonic Switching, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2005-05-PN-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長多重システムにおける分布ラマン光増幅中継技術のインパクト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-performance disutributed Raman amplification systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 波長多重システム / WDM system  
キーワード(2)(和/英) 高速・大容量伝送 / high-speed/large-capacity transmission  
キーワード(3)(和/英) 光増幅中継 / inline optical repeater  
キーワード(4)(和/英) 分布ラマン増幅 / distributed Raman amplification  
キーワード(5)(和/英) 敷設ファイバ / installed fiber  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増田 浩次 / Hiroji Masuda / マスダ ヒロジ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 富沢 将人 / Masahito Tomizawa / トミザワ マサヒト
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮本 裕 / Yutaka Miyamoto / ミヤモト ユタカ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 萩本 和男 / Kazuo Hagimoto / ハギモト カズオ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-24 13:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-CS2005-10,IEICE-OCS2005-23,IEICE-PN2005-16 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.75(CS), no.76(OCS), no.77(PN) 
ページ範囲 pp.55-60(CS), pp.67-72(OCS), pp.51-56(PN) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2005-05-16,IEICE-OCS-2005-05-16,IEICE-PN-2005-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会