電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-23 13:30
光パケット・ルーティングに向けた能動多モード干渉カプラ型光フリップ・フロップの縦続接続性に関する検討
竹中 充モーラ レイバン中野義昭東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光フリップ・フロップを用いて光パケット・ルーティングや光RAMなどの機能を実現するためには、光フリップ・フロップの出力で直接他の全光デバイスを駆動することが求められる。今回、我々がこれまでに提案、実証してきた能動多モード干渉カプラ型光フリップ・フロップで半導体光増幅器を駆動することで、相互利得変調による波長変換動作が得られることを実験的に確認した。これにより、光フリップ・フロップが高い縦続接続性を有し、光パケットのセルフ・ルーティングに利用できることを実証した。 
(英) Future Optical packet switching will require all-optical flip-flops for self-routing and photonic RAM of optical packet. To realize these functions, cascadability of the all-optical flip-flops with SOA-based optical devices is required. We have experimentally demonstrated an all-optical flip-flop using a multimode interference bistable laser diode (MMI-BLD). To confirm the cascadability of the MMI-BLD, wavelength conversion was demonstrated by the cascade of the MMI-BLD and an SOA. A digital transfer function of wavelength conversion was achieved through cross gain saturation caused by the output of the MMI-BLD. This result showed that self-routing of optical packets can be obtained by cascade of the MMI-BLD and SOA-based optical switches.
キーワード (和) 光フリップ・フロップ / 光パケット・ルーティング / 光メモリ / 能動MMIカプラ / / / /  
(英) All-optical flip-flop / optical packet switching / self-routing / photonic RAM / active MMI coupler / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 77, PN2005-8, pp. 7-10, 2005年5月.
資料番号 PN2005-8 
発行日 2005-05-16 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN CS OCS  
開催期間 2005-05-23 - 2005-05-24 
開催地(和) ホテルムーンビーチ(沖縄) 
開催地(英) Hotel Moonbeach (Okinawa) 
テーマ(和) MPλ(Lambda)S、フォトニックネットワーク/制御、光波長変換、スイッチング、一般 
テーマ(英) MPLambdaS, Photonic Network and Control, Wavelength Conversion, Photonic Switching, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2005-05-PN-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光パケット・ルーティングに向けた能動多モード干渉カプラ型光フリップ・フロップの縦続接続性に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cascadability of all-optical flip-flop MMI-BLDs for self-routing of optical packets 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光フリップ・フロップ / All-optical flip-flop  
キーワード(2)(和/英) 光パケット・ルーティング / optical packet switching  
キーワード(3)(和/英) 光メモリ / self-routing  
キーワード(4)(和/英) 能動MMIカプラ / photonic RAM  
キーワード(5)(和/英) / active MMI coupler  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 充 / Mitsuru Takenaka / タケナカ ミツル
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) モーラ レイバン / Maura Raburn / モーラ レイバン
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 義昭 / Yoshiaki Nakano / ナカノ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Univ. Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-23 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2005-8 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.77 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2005-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会