電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-23 15:50
可視光通信に適した変調方式の実験的検討
杉山英充春山真一郎中川正雄慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) LEDを光強度変調することにより,LEDに照明機能だけでなく通信機能を付与することのできる可視光通信が提案されている.しかし変調方式については具体的な検討が行われておらず,各変調方式の特性が明らかになっていない.本稿では,可視光通信における変調方式について実験的側面から検討を行い,各変調方式の特性,背景光の影響を明らかにする.さらに,LEDを明るく点灯させながら通信を行うことのできる変調方式として反転パルス位置変調(I-PPM)と副搬送波反転パルス位置変調(SC-I-PPM)を提案する.実験結果から,副搬送波変調を用いることで,背景光の影響を受けずに通信を行えることが明らかになった.また,提案方式であるI-4PPMは従来の4PPMの4倍,SC-I-4PPMは従来のSC-4PPMの7倍の明るさでLEDを点灯させながら通信を行うことができることがわかった. 
(英) An indoor visible-light communication system utilizing LED light is proposed. However, the performance of each modulation method is not clarified. In this paper, we clarify the performance of modulation method; the effect of background light, through experiments. In addition, we propose new modulation methods, Inverted-Pulse Position Modulation (I-PPM) and Subcarrier-Inverted-Pulse Position Modulation (SC-I-PPM), that provide superior LED brightness for visible-light communications. Experimental results show that subcarrier modulation is free from the influence of background light and our new modulation methods afford the brightest LED light. I-4PPM enables LED to light three times as luminous as conventional 4PPM, and SC-I-4PPM enables LED to light seven times as luminous as conventional SC-4PPM.
キーワード (和) 可視光通信 / 光無線通信 / 発光ダイオード / 変調方式 / パルス位置変調 / / /  
(英) Visible-Light Communication / Optical Wireless Communication / LED / Modulation Method / PPM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 76, OCS2005-19, pp. 43-48, 2005年5月.
資料番号 OCS2005-19 
発行日 2005-05-16 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN CS OCS  
開催期間 2005-05-23 - 2005-05-24 
開催地(和) ホテルムーンビーチ(沖縄) 
開催地(英) Hotel Moonbeach (Okinawa) 
テーマ(和) MPλ(Lambda)S、フォトニックネットワーク/制御、光波長変換、スイッチング、一般 
テーマ(英) MPLambdaS, Photonic Network and Control, Wavelength Conversion, Photonic Switching, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2005-05-PN-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可視光通信に適した変調方式の実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Investigation of Modulation method for Visible-Light Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視光通信 / Visible-Light Communication  
キーワード(2)(和/英) 光無線通信 / Optical Wireless Communication  
キーワード(3)(和/英) 発光ダイオード / LED  
キーワード(4)(和/英) 変調方式 / Modulation Method  
キーワード(5)(和/英) パルス位置変調 / PPM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 英充 / Hidemitsu Sugiyama / スギヤマ ヒデミツ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 真一郎 / Shinichiro Haruyama / ハルヤマ シンイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 正雄 / Masao Nakagawa / ナカガワ マサオ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-23 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2005-19 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.76 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2005-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会