お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-20 11:00
音響機器の動的ひずみのディジタル測定法の研究
今岡啓一大賀寿郎芝浦工大
抄録 (和) 近年,ディジタル信号処理技術を用いた音響機器の測定システムは数多く開発されているが,振幅非直線性の評価に適した測定方法は,未だ確立されていない.
本報告では,入力信号にPink-TSP信号を使用し,ディジタル技術を効果的に用いた動的ひずみの測定方法を提案する.
これは,特定の周波数帯域だけを消去したPink-TSP信号をスピーカへ加え,消去帯域内に発生した成分をひずみとして検出するという手法である.
さらに,この測定システムを提案すると共に,入力信号に使用したPink-TSP信号のパラメータについて検討を行い,システムの精度について検討を行った. 
(英) There is still no suitable measuring method by a digital processing system for nonlinear distortion of acoustical devices.
The authors present a new amplitude nonlinearity measurement by using Pink-TSP (time stretched pulse) signal.
This method applies a Pink-TSP signal, whose frequency band is partially eliminated, to the device.
The detected component produced in the rejected band is measured as a distortion.
This paper analyzes effect of parameters of the Pink-TSP signal and the band-eliminated TSP.
Then, design paradigm of distortion measurement system with a practically allowable error is examined.
キーワード (和) 動的ひずみ測定法 / ディジタル / インパルス応答 / Pink-TSP信号 / / / /  
(英) Dynamic distortion / Digital / Impulse response / Pink-TSP signal / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 54, EA2005-15, pp. 13-18, 2005年5月.
資料番号 EA2005-15 
発行日 2005-05-13 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA SIP  
開催期間 2005-05-19 - 2005-05-20 
開催地(和) イーグレひめじ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-05-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音響機器の動的ひずみのディジタル測定法の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on dynamic distortion measurement for acoustical systems by digital technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的ひずみ測定法 / Dynamic distortion  
キーワード(2)(和/英) ディジタル / Digital  
キーワード(3)(和/英) インパルス応答 / Impulse response  
キーワード(4)(和/英) Pink-TSP信号 / Pink-TSP signal  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今岡 啓一 / Keiichi Imaoka / イマオカ ケイイチ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: S. I. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大賀 寿郎 / Juro Ohga / オオガ ジュロウ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: S. I. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-20 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-15,IEICE-SIP2005-20 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.54(EA), no.56(SIP) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-05-13,IEICE-SIP-2005-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会