お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-20 11:30
ヘッドホンの周波数特性に対する音響負荷条件の影響について
高橋千賀大賀寿郎芝浦工大)・大平郁夫アシダ音響
抄録 (和) 現在ヘッドホンには多種多様な形式のものがあるが,その基本的な設計思想や評価法が確立されていない.ひとつの提案として,IEC 60318規定の人工耳,IEC 60959記載のHATS(Head And Torso Simulator)を用いた周波数特性の測定があるが,人の耳での特性との関係が不明であり依然として多くの問題が挙げられる.本研究は,人の耳,人工耳,HATSを用いた測定によりヘッドホンの特性を検討するところから開始された.ヘッドホンをHATSに装着し,押圧力を変化させて周波数特性の変化を調べ,さらに,人工耳に種々のアダプタを装着し,変化要因を解析した結果,音響的漏洩の変化を主要な特性変化の要因と判定した. 
(英) This paper describes three sorts of measurements made on headphones to clarify most important parameters for design. Recently, the measurement using an IEC 60318 artificial ear is a practical method, known as its data repeatability. The use of the IEC 60959 head and torso simulator (HATS) is regarded as a suitable technique to get data which is similar to human ears response. The authors compared with human ears response and the measured response by IEC 60318 and HATS. Then, they carried out experiments to examine effect of acoustical load parameters for frequency response by a few typical headphones. As a conclusion, acoustical leakage affects to the frequency characteristics.
キーワード (和) ヘッドホン / イヤホン / / 人工耳 / HATS / 押圧力 / 音響的漏洩 /  
(英) headphone / earphone / ear / artificial ear / HATS / application force / acoustical leakage /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 54, EA2005-16, pp. 19-24, 2005年5月.
資料番号 EA2005-16 
発行日 2005-05-13 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA SIP  
開催期間 2005-05-19 - 2005-05-20 
開催地(和) イーグレひめじ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-05-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ヘッドホンの周波数特性に対する音響負荷条件の影響について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of acoustic load parameters for frequency response of headphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヘッドホン / headphone  
キーワード(2)(和/英) イヤホン / earphone  
キーワード(3)(和/英) / ear  
キーワード(4)(和/英) 人工耳 / artificial ear  
キーワード(5)(和/英) HATS / HATS  
キーワード(6)(和/英) 押圧力 / application force  
キーワード(7)(和/英) 音響的漏洩 / acoustical leakage  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 千賀 / Chika Takahashi / タカハシ チカ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Techology (略称: S. I. Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大賀 寿郎 / Juro Ohga / オオガ ジュロウ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Techology (略称: S. I. Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大平 郁夫 / Ikuo Oohira / オオヒラ イクオ
第3著者 所属(和/英) アシダ音響株式会社 (略称: アシダ音響)
Ashida Sound Co, Ltd. (略称: Ashida Sound)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-20 11:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-16,IEICE-SIP2005-21 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.54(EA), no.56(SIP) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-05-13,IEICE-SIP-2005-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会