お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-20 10:30
本人の頭部インパルス応答とイヤホン再生による音像の頭外定位距離について
福留公利竹谷和紀九大
抄録 (和) 無響室で計測した本人の頭部インパルス応答(HRIR)を使ってたたみこんだ音をイヤホンで両耳再生聴取するとき,音像は頭外定位するが期待した距離を感ずるのは困難である.人は生活空間では直接音のほかに反射音を伴った音を聴いて音による距離知覚を行う.そこで本研究ではどのように反射音を伴えば,頭外定位した音像の距離感を増せるかを調査研究する.定位が明確だと感じている室を選んで,著者2名の室内HRIRを計測した.また,無響室で計測した著者の一人のHRIRを用いて虚像法に基づいて作成した仮想室内HRIRも用意した.その応答長を基に,矩形窓長を順に短く選びながら,後期反射音部分を切り捨てて,直接音到来方向毎に複数個のHRIRを得た.これに男性アナウンス音声をたたみこんで試験音を作成し,多人数の簡単な他者評価と本人による定位評価を行った.その結果,頭外定位の距離感を増すためにはより後期の反射音までの付加が必要で,そのエネルギーは増加し両耳信号の相互相関の度合いが減少する.また,直接音部分相当まで応答長を短くすると,
その音像は無響室で測定したHRIRでの定位実験と同様の頭部に近い頭外定位距離を示すことがわかった. 
(英) When we listen through earphones to binaural sounds that are convolved with our own HRIRs measured in an anechoic room, we can externalize them outside of our heads but cannot satisfy the result of distance hearing. In everyday life we hear distances by listening to sounds that contain a direct sound and reflections. In the present study, we examine how to control distance hearing with using reflections. We choose a room where we can localize sounds clearly, and measure our own binaural room HRIRs. Further we prepare virtual room HRIRs that are based on anechoic room HRIRs for one of authors and the image method theory. Trancating binaural room HRIRs from the rear with a rectangular window, we prepare several HRIR set for each DOA.
Convolving a male speech with these HRIRs, we make distance hearing experiments for HRIR-owners and other subjects.
As the results, (1) more distant outside-the-head locatedness needs such reflections that increase their energies and reduce the degree of binaural cross correlations, and (2) the trancation of HRIRs that there remain a direct sound and no reflections gives the similar localization results as in the case of using anechoic room HRIRs.
キーワード (和) 音像定位 / 頭外定位 / 距離知覚 / イヤホン再生 / 頭部インパルス応答 / 直接音 / 反射音 /  
(英) localization of sound / outside-the-head locatedness / distance hearing / earphones reproduction / HRIR / direct sound / reflections /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 54, EA2005-14, pp. 7-12, 2005年5月.
資料番号 EA2005-14 
発行日 2005-05-13 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA SIP  
開催期間 2005-05-19 - 2005-05-20 
開催地(和) イーグレひめじ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-05-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 本人の頭部インパルス応答とイヤホン再生による音像の頭外定位距離について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Distance of the auditory event with outside-the-head locatedness generated by means of earphones and subject's HRIRs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音像定位 / localization of sound  
キーワード(2)(和/英) 頭外定位 / outside-the-head locatedness  
キーワード(3)(和/英) 距離知覚 / distance hearing  
キーワード(4)(和/英) イヤホン再生 / earphones reproduction  
キーワード(5)(和/英) 頭部インパルス応答 / HRIR  
キーワード(6)(和/英) 直接音 / direct sound  
キーワード(7)(和/英) 反射音 / reflections  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福留 公利 / Kimitoshi Fukudome / フクドメ キミトシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Univeristy (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹谷 和紀 / Kazuki Takeya / タケヤ カズキ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Univeristy (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-20 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-14,IEICE-SIP2005-19 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.54(EA), no.56(SIP) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-05-13,IEICE-SIP-2005-05-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会