お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-05-19 14:00
可変パラメータ制御を有する摂動法を用いたアクティブノイズコントロールシステム
所 就正松本太志梶川嘉延野村康雄関西大
抄録 (和) 摂動法を用いたアクティブノイズコントロールは二次経路モデルが不要のため,制御点が移動しても騒音を制御できるという画期的な特長を有する.しかし,収束速度が遅いため制御点の激しい移動には追従することができない.そこで,本稿では摂動法に重要となる摂動の大きさ,ステップサイズなどの各種パラメータを収束状況に応じて可変制御する方法を提案する.そして,その有効性をシミュレーションならびに実機実験により実証する. 
(英) Active noise control (ANC) system using the simultaneous perturbation method has an excellent feature that the excited noise can be controled even if the control point is moved, because the secondary path is unnecessary. However, since the convergence speed is slow, this system cannot track to quick movement of the control point. In this paper, We propose a variable parameters method according to the convergence situation. The variable parameters are magnitude perturbation, step-size and so on, and are very important in simultaneous perturbation method. the effetiveness of the proposed method is demonstrated through simulation and actual experiment result.
キーワード (和) アクティブノイズコントロール / 可変パラメータ制御 / 摂動法 / 実システム / / / /  
(英) active noise control / perturbation method / variable parameter / actual system / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 105, no. 53, EA2005-7, pp. 7-12, 2005年5月.
資料番号 EA2005-7 
発行日 2005-05-12 (EA, SIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 EA SIP  
開催期間 2005-05-19 - 2005-05-20 
開催地(和) イーグレひめじ 
開催地(英)  
テーマ(和) 音響信号処理/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2005-05-EA-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 可変パラメータ制御を有する摂動法を用いたアクティブノイズコントロールシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Active Noise Control System Using the Simultaneous Perturbation Method with Variable Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アクティブノイズコントロール / active noise control  
キーワード(2)(和/英) 可変パラメータ制御 / perturbation method  
キーワード(3)(和/英) 摂動法 / variable parameter  
キーワード(4)(和/英) 実システム / actual system  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 所 就正 / Yukinobu Tokoro / トコロ ユキノブ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 太志 / Futoshi Matsumoto / マツモト フトシ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 康雄 / Yasuo Nomura / ノムラ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-05-19 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2005-7,IEICE-SIP2005-12 
巻番号(vol) IEICE-105 
号番号(no) no.53(EA), no.55(SIP) 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2005-05-12,IEICE-SIP-2005-05-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会