お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-30 11:40
筋疲労を考慮したFES制御法に関する研究
塩山高広近藤敏之伊藤宏司東工大
抄録 (和) FESは不随意筋を電気パルスで刺激し運動機能の再建を図るもので,これまで主に脊髄損傷患者を対象としてきた.本研究は,急性期脳機能障害患者にFESを適用し,患者が想起した運動イメージに合わせて関節トルクや角度を制御することによる運動機能回復を目的とする.患者自身の運動による筋紡錘やゴルジ腱器官等からの自己受容感覚フィードバックと能動的運動イメージの相乗効果で,随意運動機能の回復,つまり脳内運動マップの再構成を促進することが期待できる.本研究ではこのようなリハビリテーション応用への基礎実験として,筋疲労を補償したFESによる下肢関節トルクおよび角度のフィードフォワード制御法を提案する. 
(英) The present research discusses a FES control method for promoting the functional recovery of voluntary movements in the early rehabilitation of hemiplegia patients or imperfect paralysis patients by apoplexy etc. If the patient's muscles could be activated through the external stimulation synchronizing with his/her motor intentional images, the feedback impulses from the sensory receptors within the limb must stimulate the sensory and motor areas, which results in helping to rebuild a new motor map in the cerebral cortex. Then, it is required to control the joint torque and position coordinated with the patient's motor intention. So the present paper proposes a method to control them by FES including the compensation for the muscle fatigues.
キーワード (和) 機能的電気刺激 / リハビリテーション / 関節トルク制御 / 関節角度制御 / 筋疲労 / / /  
(英) Functional Electrical Stimulation / Rehabilitation / Torque Control / Position Control / Muscle Fatigue / / /  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 757, MBE2004-129, pp. 25-28, 2005年3月.
資料番号 MBE2004-129 
発行日 2005-03-23 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2005-03-28 - 2005-03-30 
開催地(和) 玉川大学 
開催地(英) Tamagawa Univ. 
テーマ(和)  
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2005-03-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 筋疲労を考慮したFES制御法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Lower-limb Joint Torque and Position Controls by Functional Electrical Stimulation (FES) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機能的電気刺激 / Functional Electrical Stimulation  
キーワード(2)(和/英) リハビリテーション / Rehabilitation  
キーワード(3)(和/英) 関節トルク制御 / Torque Control  
キーワード(4)(和/英) 関節角度制御 / Position Control  
キーワード(5)(和/英) 筋疲労 / Muscle Fatigue  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩山 高広 / Takahiro Shioyama / シオヤマ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 敏之 / Toshiyuki Kondo / コンドウ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 宏司 / Koji Ito / イトウ コウジ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-30 11:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2004-129 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.757 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2005-03-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会