電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2005-03-26 10:20
区分線形システムの周期解導出過程に現れるリーマンζ関数
今村 仁茨城大
抄録 (和) 状態によって特性が切り換わるシステムの最も基本的なモデルである区分線形システムにおけるばね剛性が0の場合の非対称周期解の大域的な関数形を,著者らが提案した区分線形システムの厳密解析法である擬フィードバック形式に基づく計算法により厳密に導出する方法を提案する.非対称周期解の導出は,無限の過去から無限の未来までの非線形性の影響の総和を解析的に評価することにより求められるが,この計算過程で収束しない無限級数が現れ,特にダンピングファクターが0の場合には,発散級数の総和法の一つであるCesaroの総和法を用いた計算が破綻するという困難が生じる.この発散級数の評価は,リーマンのζ関数の特殊値を用いて計算できることを示し,著者らが先に提案した解を周期化するように初期値を補正する方法によって得られたものと同一の結果が得られることを示す. 
(英) Global analytical method based on pesudo-feedback approach which was introduced by authors enable us to derive all periodic solutions appering in forced vibro-impact systems. According to this method, global function form of periodic solution for target system can be represented as sum of linear system periodic solution and finite number of periodic functions constructed from converted impulsive responses caused by impact nonlinearity. However, in zero-stiffness case, divergent series is appered in deriving process of periodic solution, evaluate method of this series is unknown. We showed this divergent series can be evaluated by Ces\`aro's summation tequnique in case of symmetric periodic solutions. However, this method can not adopt directly in damping free system, another difficulty is emerged. In this paper, we propose a new approach to deal with divergent series using Riemann $\zeta$ function. The key idea is to determine initial condition emerging from infinite past by means of Ces\`aro's summation method. Ces\`aro's mean can be converged by this new evaluation tequnique.
キーワード (和) 非線形振動 / 区分線形システム / 衝突振動系 / 大域表現 / 自己参照 / 周期解 / 無限遠 / Riemann ζ関数  
(英) Nonlinear Vibration / Piecewise Linear System / Vibro-Impact System / Global Representation / Self Reference / Periodic Soluion / Infinity / Riemann Zeta Function  
文献情報 信学技報, vol. 104, no. 754, NLP2004-127, pp. 13-18, 2005年3月.
資料番号 NLP2004-127 
発行日 2005-03-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2005-03-25 - 2005-03-26 
開催地(和) 東京大学(本郷,山上会館) 
開催地(英) Tokyo Univ 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) (TBD) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2005-03-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 区分線形システムの周期解導出過程に現れるリーマンζ関数 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Riemann Zeta function appering in deriving process of periodic solutions for Piecewise Linear Systems 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非線形振動 / Nonlinear Vibration  
キーワード(2)(和/英) 区分線形システム / Piecewise Linear System  
キーワード(3)(和/英) 衝突振動系 / Vibro-Impact System  
キーワード(4)(和/英) 大域表現 / Global Representation  
キーワード(5)(和/英) 自己参照 / Self Reference  
キーワード(6)(和/英) 周期解 / Periodic Soluion  
キーワード(7)(和/英) 無限遠 / Infinity  
キーワード(8)(和/英) Riemann ζ関数 / Riemann Zeta Function  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 仁 / Hitoshi Imamura / イマムラ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2005-03-26 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2004-127 
巻番号(vol) IEICE-104 
号番号(no) no.754 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2005-03-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会